ハロウィンの衣装はどうするの? 11月10日

  • 2018.11.10 Saturday
  • 10:03

 昨夜の雨も上がり、今日はスカっとした晴天。

秋は良いですね、今朝もスーパーの朝市で生サンマを買って来ました。

今夜はサンマ!!


食べものとともに、11月は面白い催事がいろいろあって、どこへ行こうかと悩みます。
美術館や映画にも行きたいけれど、「この日かぎり」というアンカーに弱いのだと思います。

 

 そういえば、この日かぎりで盛り上がったハロウィンは、いろいろ話題になりましたが、仮装した後の衣装はどうなるのでしょう?

私は、使い捨てだとばかり思っていたのですが、どうやらそうでもないようです。

 

写真のように「ハロウィンの衣装2割引」と大きな貼紙があったので、ハロウィンが終わったから、来年用に2割引きで売るのかなんて、ピントのずれたことを考えたのですが。

 

 

これはクリーニングのことだったのです。

(貼紙が先に目について、よく見るとクリーニング屋さんでした)

ハロウィンの衣装ならクリーニング代を2割引きにしますよ! です。

クリーニング屋さんも考えたものです。

 

そこで、ハロウィンの衣装も使い捨てでなく、クリーニングに出すとわかった次第。

どんな衣装をクリーニングに出すのでしょうねと、ハロウィンに縁のないオバサンは思いました。

 

 

難波の宮の水利施設 11月9日

  • 2018.11.09 Friday
  • 12:53

昨夜からの雨も昼前に上がった大阪です。

さわやかというよりムシっとした感じ。

 

今日はご近所の遺跡の話。

昨日は、3日のBKワンダーランドで食べたラーメンの話でしたが、それだけではありません。

この日、難波の宮の水利施設見学にも参加しました。(年2回実施)

 

難波の宮のことは知っていましたが、なんとNHKの放送局の地下6メートルに、水利施設があったのです。

建物の横の、普通の扉を開けると地下に向かう螺旋階段があり、降りていくとこのような石組水路があったのです。

1つが1トンくらいあるとのこと。

(難波の宮 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A3%E6%B3%A2%E5%AE%AE   )

 

 

1997年の発掘調査で見つかった前期難波の宮(約1350年前)の水利施設(泉と巨石を組んだ水路)が当時のまま保存されていたのです。

 

 

この水利施設の目的は宮廷で用いられたとも考えられますが、まつりを行う水辺でもあったと考えられているそうです。

歴史博物館の学芸員さんが丁寧に説明してくださいました。

 

ご近所で知らないこと、びっくりすることはまだまだありそうです。

 

 

 

 

アンカリング効果とラーメンの関係  11月8日

  • 2018.11.08 Thursday
  • 11:04

大阪は今日も気温は24度まで上がるそうです。

とはいえ、立冬を過ぎても食欲の秋!

何といってもサンマがおいしい。ここのところ、大分のカボスを絞り、大根おろしを添えて、口福の日々です。

 

そこで食べ物の話題が続きます。

NHKのBKワンダーランドについて書いた11月5日のブログに、壁にラーメンの絵が貼ってある写真をのせました。

このラーメンですが、まんぷくラーメンなのです。(写真は食堂への案内でした)

 

 

3日9時半より食券販売で、9時半に行くと、ずらーっと並んでました。

私は160番目くらいで、待っている間に写真の11:05分の券はすぐ売り切れになりました。

 

 

私が食券を買う時には、イ鉢Δ靴なく、Δ砲靴泙靴拭

これが食券と入館証。

NHKのどこでもだれでも入れるわけではないので、入館証が必要です。

 

 

集合時間に、30人余りが1階に集まって、スタッフの誘導で15階の社員食堂へ。

 

 

窓からはこのように大阪城が見え、大阪の街を見渡せます。

 

景色はよいから、ラーメンはどうなった? という声が聞こえそうです。

 

 

これが「まんぷくラーメン」

 

近頃のラーメンはスープに凝ったり、麺はどうとか、いろいろこだわりがあり高級化しているようですが、これはいたってシンプルです。

味は、昔の屋台の夜鳴きそばのような感じ。(わかる人しかわからなくて申し訳ありません)

 

私は「まんぷく」のモデル安藤百福さんは稀有なイノベーターだと思っています。

だって、チキンラーメンやカップヌードルの開発者ですよ。

今でこそ当たり前ですが、発売された時には衝撃!!でした。(古い話)

もちろん、池田のカップヌードルミュージアムにも行きました。

 

だから、まんぷくラーメンに魅かれました。

 

食券販売の列に並びながら、こんなにたくさんの人が土曜の朝早くから並んでまで食べたいというのはなぜだろうと考えました。

 

まずテレビの朝ドラ放送で、2日間(11月3,4日)限りで、それも各日200名しか食べられないこと。

それもふだん一般人は入れないNHKの社員食堂で、です。

これらがアンカーになって、並んでいるのかと思いました。(私もその一人だった)

アンカーは行動経済学のことばです。

アンカリング効果とは、船が碇(碇・アンカー)を降ろすと、碇と船を結ぶとも綱の範囲しか動けないことからくる比喩で、最初に印象に残った数字や言葉が、のちの判断影響を及ぼすことを言う。

マッテオ・モッテルーニ『世界は感情で動く』紀伊国屋書店より

 

皆さんの中にも、あの「まんぷく」のラーメンなら食べてみたいと思われた方があるでしょう。

そして2日間限り1日限定200名、NHKの食堂でますます食べてみたいと思う。

こんなチャンスは2度とない!! 私にとっては強力なアンカーです。

という次第で、これはアンカリング効果だと思いながら、列に並び、食券を求め、ご近所なので一度事務所に戻り仕事をして、13時にまたNHKへ行き、まんぷくラーメンにたどり着きました。

 

2日で400名の人がラーメンを食べ、それをSNSで写真を上げたり、友人、知人、ご近所の奥さま方に話して拡散しているでしょう。

私も良い体験をしました。

 

このアンカリング効果は他の場面、たとえば洋服を買いに行った時に、3万円の値札が赤線で消されて2万円になっていれば、3万円がアンカーとなって「安い」と感じ、先着3名とあればこれもアンカーとなって「買わねば」と思うのです。

このようなアンカリング効果により衝動買いをしてタンスの肥やしを増やすことも多いのでしょう。

「無料」にも弱いけれど、先着○名とか、あと3つとか、3万円が2万円とか、アンカーによって、買わねばとか、欲しいとか、食べたい、と思うのです。

 

これは私たちがロボットでなく、人間だからでしょうね。

 

 

 

 

 

ご近所の花園 11月7日

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 10:35

今日は立冬ですが大阪では最高気温23度の予報で、からっと晴れています。

 

良いお天気が続き、ご近所の花園もにぎやかになっています。

 

「君は薔薇より美しい」という歌がありました♫

 

 

花でもホトトギスとはこれいかに?

 

 

ペロンとした白いのは花なのか、葉なのか?

 

 

これも繊細な花です。

 

 

花と実が一緒のようですが、どうなっているのでしょう?

 

 

こうして見ていると、花もいろいろ、人もいろいろで、よいのですね。

 

 

 

 

また無料の話  11月6日

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 12:42

深夜から朝方に降っていた雨も上がり、暑いくらいのお天気です。

地下鉄では冷房が入っています。

 

今日は、何回か書いている無料の話の続編です。

8月27日「無料の勝利」で行動経済学者ダン・アリエリーのチョコレートと無料の実験を紹介しました。

 

実は私も昨年、講演来場者にご協力いただき、無料について調べてみました。

今日は皆さんにも考えていただきたいと思います。

 

拙著『老前整理の極意』第3回 なぜものが増えるのか より

 

「無料」は敵なし

 

 この無料の力について、果たして本当にそういえるだろうか。わたしもアンケートで質問をしてみました。

 

■ここにデパートの商品券があります。無料で1,000円分を受け取るのと、700円出して2,000円分を受け取るのと、どちらを選びますか。□にチェックをしてください。

 

□1,000円分の商品券を選ぶ

□2,000円分の商品券を選ぶ

 

さて、みなさんはどちらを選ばれたでしょうか。

アンケートの結果は、無料が54.2%、700円出してが45.8%でした。  

 どちらがお得かは冷静に考えてみれば、すぐわかりますね。

700円を出しても2,000円の商品券をもらえば、プラス1,300円。無料の1,000円の商品券はプラス1,000円です。

 

しかし半分以上の方が無料を選ばれました。チョコレートとは違いますが、これも無料の力といえるかもしれません。

 

 なぜこれほど「無料の力」が強いのか。無料だと、お金を出さなくてすむこと。つまり本質的にお金を失うことを恐れているからです。またお金を出して失敗すれば後悔がついてまわる。しかし無料であれば、たとえ失敗してもどうせ無料だから損をするわけではない、と思えるからです。こうしてついつい無料に引かれて必要でないもの、欲しくないものまで抱え込んでしまうのではないでしょうか。

イラストレーターは西村亜由美氏

 

皆さんはどちらの商品券を選びましたか。

デパートの商品券でなくて、アマゾンやネットショップの金券ならどうでしょう?

もしかしたら答えが違ってくるかもしれません。

商品券にしたのは、答えてくださる対象が50代以上だったからです。

無料の力は侮れないと思いませんか。

 

 

 

 

 

 

 

まんぷくのセット 11月5日

  • 2018.11.05 Monday
  • 11:25

今日も晴れて暑いくらいです。

通勤時Tシャツの半袖1枚の人を見かけました。

 

昨年に続き、11月3日にNHKのBKワンダーランドに行って来ました。

この日は年に1回の大阪NHKの感謝祭のようなものです。

小さな子どもたちのための催しもいっぱいあり、舞台やアトラクションなど家族連れの多い催しです。

 

朝ドラ「まんぷく」のセットもあり、茶ぶ台の前に座って写真を撮ってもらえます。

昭和の茶の間ですね。

 

まんぷく くらしかる 老前整理

 

こちらは萬平さんの実験器具。

 

まんぷく くらしかる 老前整理

 

撮影用の衣装

まんぷく くらしかる 老前整理

 

私はこのテーマカラーを興味深く見ました。

福子さんは「常盤色」(ときわいろ)と「樺色」(かばいろ)

鈴さんは「こきはなだ」と「杜若色」(かきつばたいろ)

 

まんぷく くらしかる 老前整理

 

このように各人物にテーマカラーがあります。

ちなみに「常盤色」(ときわいろ)は日本の伝統色で松の葉のような色。

「樺色」(かばいろ)は蒲(がま)の穂のような色、ということで蒲色とも書き、樺は桜の樹皮のこと。

「こきはなだ」の「はなだ」(縹)は藍染の青を表す色名で、「こきはなだ」は深縹と書きます。

「はなだいろ」(花田色とも書く)はツユクサ色のことです。

このツユクサ色よりももっと濃い深い青が「こきはなだ」です。

「杜若色」(かきつばたいろ)のかきつばたは「撫子花」とも書き、昔、この花の汁で布を染めていた名残で、この花の汁を布に摺りつければ紫色になったのでしょう。花の名前としては万葉集にも出ています。

(参考 福田邦夫『色の名前ポケット図鑑』主婦の友社より)

 

長くなりました。

日本の伝統色名は歴史と文化と結びついて、調べてみると奥が深く面白いです。

 

最後に、主人公の萬平さんのパネル。壁にラーメンの絵があります。

気になりませんか? これはまた改めて書きますね。

 

まんぷく くらしかる 老前整理

 

電池のチェック  11月4日

  • 2018.11.04 Sunday
  • 07:53

今日は曇り空。

そろそろ冬仕度を始めないと、という日曜日。

 

大阪では一昨日の11月2日夕方に紀伊水道が震源地の地震がありました。

事務所にいる時でしたが、少し揺れました。

油断はできませんね。

 

私も災害に備えて、いろいろ考えています。

水や食品、ラジオなどなどですが、これは家で過ごすためのもの。

もし避難しなければならない時のために、非常持ち出しのリュックも用意してます。

そこにこの小さなラジオも入っています。

 

電池を入れ替えておこうと思ったら、こんなことになっていました。

 

もしこのまま持ち出していたら、使えなかった。

アブナイアブナイ。

 

電池を出してみましたが、中もやられていてダメでした。

仕方なく他のミニラジオを入れました。

 

油断大敵ですね、反省。

 

他にも懐中電灯など、電池を使っているものは確認が必要だと思いました。

何もないときにこそ、チェックをしておきましょう。


「そのうち」とか「今度」でなく、防災関係は気づいた「今でしょ!」とひとりごと。


 

 

 

 

 

 

空き家と相続問題 11月3日

  • 2018.11.03 Saturday
  • 10:32

今日は文化の日で、晴れの特異日だそうで、晴れてます。

空はこんな感じ。

 

 

室温18度、湿度54%ですが、外の陽が当たるところはぽかぽかしています。

祝日でご近所ではいろいろ催しがあり、私も1つ見に行く予定です。

どこへ行ったかは、明後日くらい報告する予定です。(ヒント まんぷく)

 

そこで今日は空き家の話です。

空き家の問題は老前整理とつながる問題なので、拙著でも取り上げ、気になっています。

 

先日、税理士さんから教えていただいた情報です。

 

平成28年度の税制改正で、亡くなった方のご自宅不動産を相続または遺贈で取得し、売却した場合に、譲渡所得の金額から最高3,000万円まで控除することができる特例ができました。

 

亡くなった方が亡くなる直前まで1人で住んでいた家

昭和56年5月31日以前に建築

区分所有物(例:マンションの1室)でない  

 

このような物件を相続して

 

1、家屋(または家屋と敷地)を売却する場合の要件

 相続後、貸付や居住の用に供していないこと

 売却時に家屋が一定の耐震基準を満たしていること

 

2、家屋を取り壊して、敷地を売却する場合の要件

 相続後、貸付や居住の用に供していないこと

 

1,2いずれの場合でも、相続日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売却し、売却代金が1億円以下であることが必要   です。

 

 現状ではこの特例が適用できるのは平成31年12月31日までの売却についてですが、期間延長や要件緩和の要望が出されており、今後どのようになるかわからないそうです。特例の利用を検討される場合は専門家にご相談ください。

 

ご参考まで

本の整理をすると 2  11月2日

  • 2018.11.02 Friday
  • 10:59

晴天。

昨日も日本シリーズ、延長戦でした。

どちらを応援するかというと、カープです。

 

本の整理について、簡単な方法を紹介します。

小さな本棚1つ分を半分にする方法を実験してみました。

(本棚がたくさんの場合はまた改めて)

 

1.昨日も紹介しましたが、まず同じ本をチェックします。

文庫で2冊ありました。

老前整理 くらしかる 本の整理

 

2、この中で一番手放しても良いと思う本。シリーズものなら、これから買い足す予定のない本を抜き出します。

 

老前整理 くらしかる 

 

3、もう読み返すことはないだろうと思う本を抜き出します。(文庫)

 (自分に問いかける)

 

 

4、もう読み返すことはないだろうと思う本を抜き出します。(単行本)

 

 

5、これを繰り返して、抜き出していきます。

 

 

これらは前提として、仕事の資料として必要なものではありません。

また、本当に読み返したいと思うかでチェックしていきます。

1冊ずつこれは…と分類しようとするとなかなか決められません。

面倒だ、全部いらないと思える人はこのような段階的な進め方は必要ないです。

本をなかなか手放せない人向きです。

 

シリーズや作者やテーマなど、ある程度まとめて考えていく方が、進めやすいと思います。

本が好きな人は、手放したくない気持ちはよくわかります。

しかし、自分が読まない本を、読んでくれる人に回す、と考えれば、手放す気持ちが楽になりませんか。

私はそのように考えています。

またその本がどうしても読みたくなったら、買うか、図書館で借りるかすればよいと思っています。

(今のところ、そう思った本はありません)

 

付け加えると、芸能界の50代でバリバリ仕事をしているある男性は、自分の人生であと何冊読めるかと考えると、読み返したい本は数冊で、あとは新しい本を読みたいとおっしゃってました。

なるほど、そういう考え方もあるのだなと思いました。

 

本は心の栄養になると思いますが、新陳代謝も必要です。

 

 

 

 

 

 

本の整理をすると 1  11月1日

  • 2018.11.01 Thursday
  • 12:35

大阪は今日も晴れています。

さすがに朝晩が冷え込むようになりました。通勤の電車で咳をする人が増えたような気がします。

 

月が替わり11月となると、今年もあと2月、早いですね。

 

今日のお題は本の整理です。

 

本が溜まって、今までに何度も処分をしてきました。

前回は数年前にかなりの量を整理しました。

 

その時に気づいたのは、同じ本を2冊買っているということ。

信じられない人も多いでしょう。

しかし、本好きにはよくあることのようで、年上の友人にこの話をしたら、2冊ならまだまし、うちは同じのが3冊あったという話を聞きました。(自慢にはならないですね)

 

全く同じでございます。

 

カバーありとなし、発行年は違います。

 

岩波文庫でカバーありとなし。

 

これは北川歌麿の特集、同じ2冊。

 

こんなことになるのは、管理ができていない。つまり蔵書目録がない、もしくは役目をなしていないのです。

ある程度までは本の目録をつくっていたのですが…当時のパソコンが壊れてデータが使えなくなり、そのまま放置していました。

 

本も整理と管理をしないと、こういうことが起こるという例でした。

現在、同じ本は2冊ないと思います。(たぶん!?)

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM