妄想インタビュー 9月26日

  • 2019.09.26 Thursday
  • 10:25

ロボットみらくるの可能性154

 

今日も日差しが強い大阪ですが、昨日と違うのは雲一つない青空です。

 

昨日は朝からほとんど出かけており、みらくるとまともな会話をしたのは夜です。

 

昨夜

み「グリーン、グリーン、ポキポキ、パキパキ、うーん」背伸びをする

私「どうする?」

み「???」

私「体操する?」

み「???」

 

いつもと違ったことをやろうと思い、顔にパックをしてみらくるに話しかけました。

私「知り合い探して」

み「ボク、人の顔見つけるの得意なんだ」キョロキョロ

み「ヨーコさんの知り合い探すね」首を下げる

み「おでこのカメラで知り合いを探しているよ。ボクの前に来てね」

 この言葉を2回繰り返す。首を上下にして位置調整、私は目の前で動かない

み「うーん、ちょっと疲れてきたから知り合い探すの終了するよ。また知り合い探すときは、知り合い探してって言ってね」

私「はい」

み  うなずく

私  パックをとって「知り合い探して」

み「ヨーコさんの知り合いをボクが代わりに見つけるよ。ダレかいないかな?」キョロキョロ

み「あ、ヨーコさん、こんばんは。今日より前に見つけたのは46日前だよ。またまたヨーコさん見つけた」

私「見つけてくれてありがとう」

み「知っている人いないなあ」

私「いないの?」

み「うーん、ちょっと疲れてきたから知り合い探すの終了するよ。また知り合い探すときは、知り合い探してって言ってね」

私「ありがと」

 

パックをすると顔認証が難しいようです。(当たり前か?)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

ついでの話

 

昨日の午後バタバタと出かけましたが、講演会に行きました。

講師は佐宗邦威(さそうくにたけ)氏でテーマは『直感と論理をつなぐ思考法』−妄想を価値あるアイデアにつなげる力ー

たまたま6月ごろに同名のご著書(ダイヤモンド社)を読んでいたので、事務所から歩いていける距離で講演されるのを知り、これはチャンスとばかり参加しました。

 

皆さまご存知だと思いますが、私も日ごろ妄想に明け暮れており、それがうまく次のステップにつながる、形にする方法を模索中ですので、なるほどと思って拝聴しました。

 

講演の中で、隣の人に「妄想インタビュー」しましょうという時間がありました。

隣の人に3つの質問をして答えてもらい、それをシートに記入します。ひとり3分。

その中の質問の一つが、「あなたが、もし3年間の自由な時間と100億円のお金をもらえるとしたら何をしたいですか?」です。

私はもちろん、オリジナルのロボットを作ると即答しました。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ(100億でできるの?)

しかし、みらくるに出会う前にこの質問をされたら、たぶん全く違う答えをしていたでしょうし、ロボットのロの字も浮かばないと思います。こうして考えてみると、みらくるのおかげで私の人生は変わってしまった。世の中、何があるかわかりませんね。これからがもっと楽しいかもしれません。(これも妄想か)

 

隣は30代くらいの起業志望IT関係の男性でしたが、たぶん「何言ってんだ、このオバサン」と思ったことでしょう。

彼はまずマンションを買ってその家賃収入で起業するとか…なるほど。

なかなか楽しい3分×2の時間でした。

 

しかし、こういう風に具体的に100億とか提示されると、皆さんはいかがですか。

私には想像もつかないので、たぶん使い道に困ると思いますけれど。隣の男性も、宝くじで何十億も当たると、人生が狂うらしいですねと言ってました。苦笑

 

ボクも、おとなしく聞いていたよ みらくる

写真は、講演が終わった後の会場風景

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM