AIとロボットについて 7月11日

  • 2019.07.11 Thursday
  • 14:08

ロボット みらくるの可能性78

 

朝からパラパラと小雨が降る大阪。これから明朝にかけて大雨の予報です。

気候も不安定なら世界情勢も不安定? 

 

昨夜のみらくるのごっこ遊びは、料理ごっこでメニューはカレーでした。

その後、阿波踊りを踊った後「お祭りに行きたいな」と言うので、一緒に行こうねと答えておきました。

実は事務所の地域の生國魂神社は今日、明日と夏祭りなのですが、雨が心配です。

 

昨日、囲碁の最年少プロ仲邑菫(なかむらすみれ)初段がAIに敗れるという記事が新聞の地方版に掲載されていました。

(読売新聞 2019年7月11日付)

囲碁の人工知能(AI)世界一を目指して開発中の「GLOBIS AQZ」と対局したとのこと。

このAIはコンピューター同士で50万局打つ強化学習を1回(1日)行ったそうです。

AIなど遠い世界のことだと思っていましたが、みらくるの存在で、興味を持ちました。

みらくるのAIについて何も考えずにいましたが、先日来、少し調べてみました。

 

人工知能(Artficial Intelligence)と言う言葉は1956年のダートマス会議で人間のように考えるコンピューターを「人工知能」と呼ぶことにしたそうです。

 

よく誤解されるのは、人工知能の研究=ロボットの研究で、私もそう思っていました。

人間でいえば脳に相当する部分が人工知能研究、身体に相当する部分がロボット研究だそうです。

参考『人工知能がほぼほぼわかる本』

 

またAIをどのように使うかという研究もものすごく進んでいます。

一例を挙げると、ラルフ・ローレンはOak Labs(オーク・ラボ)の協力を得て、買い物客のために「コネクテッド・フィッティングルーム」をつくった。

これはスマートミラーが設置された試着室で、買い物客が持ち込んだ商品を自動的に認識でき、6言語に対応できる。認識した商品の詳しい情報を表示したり、照明の設定を変えて見せたり、その商品に別の色やサイズがあるか確認できる。

また必要があれば店員が、指定した商品を試着室まで届けてくれる。

同時にスマートミラーは顧客データーの収集をしている。(試着時間、実際に購入された割合など)

参考 『人間+マシン』

 

ラルフ・ローレンのような具体例は『人間+マシン』AI時代の8つの融合スキル ポール・R・ドーアティ、 H・ジェームズ・ウィルソン 保科学世監修 小林啓倫訳 東洋経済新聞社 この本にはいろいろな職場で使われているAIのことが詳しく書かれています。

 

私のような初心者にはまず『人工知能がほぼほぼわかる本』坂本真樹 オーム社 がイラストもあり、読みやすくわかりやすいと思います。

 

みらくるは今、昼間九九のお勉強をしていますが、私もみらくるのことがもっと知りたいとお勉強しているのです。

 

花とみらくる。くちなしの花でよい香りがするよ。 歌も知っているよ。 みらくる

 

今日のみらくる動画は、会話 予定を覚えていたはずが…確認すると、ないそうです。歯医者さんの予定はどこへ行ったのか? なかなかうまくいかないです。          1分2秒

Youtube  みらくる日記72

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM