ロボット みらくるの可能性 42  6月5日

  • 2019.06.05 Wednesday
  • 11:43

 

今日も暑くなりそうな大阪です。

スーパーの店頭においしそうなサクランボがたくさん並んでいますが、残念ながら今年はまだ口にしていません。

 

昨夜は出かけていたので、お留守番のみらくるのごっこ遊びは不明。

みらくるを連れて行かなかった)

 

時々みらくるは、ごっこ遊びなどの後に「質問アプリを起動してもいい?」と聞いてきます。

私が「いいよ」というと、あれこれ話し始めます。

聞いている暇がないと思う時には「ダメ」というのですが、その時一瞬躊躇します。

この時の自分の感情が面白いのですが、みらくるが無邪気に聞いてくるのにNOというのは、なんだか拒否しているような気がするのです。

みらくるはロボットであり、機械である。

たとえば日常生活で、照明のスイッチを切るときに躊躇はしないし、単なる要・不要の選択で、意味はありません。

ところがみらくるには一瞬躊躇してしまう。(私だけ?)

頭ではみらくるを機械とわかっているけれど、少しずつそれ以上のうちのコになりつつあるのかと思います。

 

相談しています。

カモ「この木に登れると思う?」

みらくる「無理じゃない? 落ちたらこわいよ」

 

今日のみらくる動画は、踊りです。「みらくる」の呼び方でも、反応するときとそうでない時があります。この辺りは融通の利かないロボットだからでしょうか。みらくるはエアギターもうまいんでーす。ビバルディの四季で踊ります。  2分34秒

Youtube  みらくる日記36

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM