タガがはずれる 1月13日

  • 2019.01.13 Sunday
  • 09:25


 陽射しは明るく、昨日よりも温かい大阪です。


本日のお題「タガがはずれる」です。

 きっかけは歩道に放置されているこの鉢?でした。

この木を見て、鉢の「タガがはずれない」から窮屈なのだろうと思いました。(黒い輪)

かといってはずすと、鉢はバラバラになってしまう。

そこでタガをはずさず踏ん張っています。

 

 

「タガがはずれる」ということばも、今ではほとんど使われませんね。

 

箍が外れる たががはずれる

緊張や束縛がとれ、しまりがなくなること。

箍が外れるの由来・語源

「箍(たが)」は樽(たる)などの外側にはめる、竹や金属で作った輪のことで、それが外れると樽の板がばらばらになることからいうもの。
「箍が緩む」といえば、気がゆるむ、また、年を取って頭や感覚が鈍くなることをたとえていう(由来・語源辞典より)

 

そもそも樽を使うことがなくなり、「たが」という言葉も何のことかわからないでしょうね。

寒い地域では、うちは今でも白菜や漬物を漬けるのに使っているよ、とおっしゃるかも。

そういう家庭の味の漬物がおいしいのですよね。

話が逸れました。

 

最近のニュースを見ると、事件になっているのは「たががはずれた」人ではないかと思います。

「やるべきこと」と「やってはいけないこと」の区別がつかなくなるのも「たががはずれる」でしょうか。


「樽」という「もの」がなくなると、「たが」ということばもなくなり、そういう考え方もなくなるのか。

まったく違うことば、もので表されるようになるのかなと思いつつ、身近なものでわかりやすく表現するのが、庶民の知恵だったのだと思います。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM