工事現場の壁 12月3日

  • 2018.12.03 Monday
  • 12:50

朝から小雨が降ったりやんだり。

気温は下がっていないようです。

 

本日のお題は時々、取り上げる工事現場のこと。

一昨日紹介したドイツ・クリスマスマーケットの帰りに通った工事現場の壁です。

光っているので、近寄って見ました。

どこかから映像を映しているのではありません。蓄光かな? と思いつつ。

 

蓄光で思い浮かぶのは時計の文字盤などで、部屋の電気を消しても光っているようなもの。

昔、夜光塗料があったけれど、これは塗料ではなく蓄光ではないかと思うのですが、どうでしょう?

技術が進むので、素人には過去の経験でしか推測できません。

 

周りは街灯や車のライトがあるので、そこからの光に反応している模様、なかなかきれい。

 

 

 

近寄ってみると、こうなっていました。

 

 

大きさ1.5〜2cmくらい。ほとんど凹凸はなく、下地に丸いものが埋め込まれているような感じ。

シールや塗料でないことはわかりました。

 

最近、夜でも無灯火の自転車が多いので、自転車の目立つところにこのようなものが付いていると、光に反射してよいかもしれません。

もちろん、無灯火が問題だし、周囲に街灯がなければだめですかね。

 

しかし車を運転している人にとっては、ライトが当たれば光るから…では、遅いですか。

電気を使う照明ではないので、便利な使い道はいろいろあると思うのですが。

問題はコストがどれくらいかかるか、でしょうか。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM