とろろ昆布の売り場1  8月6日

  • 2018.08.06 Monday
  • 11:45

今日は原爆の日。

広島での式典ではセミがたくさん鳴いていて、

73年前も同じように鳴いていたのか、と思いました。

大阪は昨日よりは少し日差しが陰っているような気が

します。とはいえ36度だそうです。

暑さに対する感覚がマヒしているもよう。

 

暑い暑いと言いながら、体重は減らず、口ばっかりの日々。

先日、近所のスーパーへ買い物に行き、とろろ昆布を

買おうと思いました。

まず昆布売り場の棚を見る、ない、横のわかめの棚にもない。

あと思い浮かぶのは乾物売場。ない。

もうとろろ昆布は絶滅したのか! と思いながら、商品を

並べている売り場の若い男性に聞きました。

彼が案内してくれたのは「お茶漬け」と札のついた棚。

ええー、とろろ昆布はお茶漬け売場なの!?

ふりかけやお茶漬けの素、塩昆布の隣にありました。

ううむ、塩昆布の親戚といえばそうだけど…。

 

何も考えずに「とろろ昆布」と書いてますが、これは日本

全国メジャーなのでしょうか。もしかしたら大阪だから?

実は昔、大阪は昆布の生産が盛んでした。

というか私が子供の頃、遠方の親戚に手土産を持っていく時は

塩昆布か「岩おこし」(菓子)でした。

(江戸時代の話ではない!)

 

昆布は松前船が大阪に入って、加工して塩昆布などいろいろな

形にして出荷していたのです。

煮物などのだしを取るのも、大阪は昆布が基本のような…。

だから昆布は大阪名物。

昆布の話が長くなってしまいました。

この続きは明日。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM