くらしかる 老前整理 blog

暮らしを軽くする、暮らしを考える
日々の暮らしにまつわることを少しずつ
<< ご近所の花園   7月17日 | TOP | モーレツな暑さ、お見舞い!  7月19日 >>
我が家の防災食品  7月18日
0

    暑さは体力と気力を奪いますね。大阪は今日も37度。

    しかし、2年後のオリンピックで、暑さ対策はどのように

    考えられているのか、と思いました。

     

    大阪北部地震から1か月。西日本豪雨の被害が大きくて、

    地震関係の報道が少なくなりましたが、まだ余震がある

    可能性が無きにしもあらず。

     

    水以外に家での災害に備える防災食というと、まず頭に

    浮かぶのがカップ麺や缶詰、カンパンなどではないで

    しょうか。これは必須ですね。

     

    他に、非常時にぜいたくは言ってられませんが、私は時々

    デパートなどで目についた防災食を買っておきます。

    (興味半分)

     

    これはお湯を入れて15分、水なら60分でご飯になります。

    停電で電気がなくてもご飯が食べられる。

    (アルファー食品株式会社)

    アウトドアや海外旅行にもよいみたいです。
    お湯の量を加減すれば、高齢の方にもおかゆ感覚で

    召し上がっていただけるかも?

    そのうち試食してみるつもりです。

     

    こちらはレトルトですがカレーの方は温めずに食べられる

    ことがポイント。グリコ 製造後賞味期間3年

    美味しい防災食は牛丼の具とポークカレーで、こちらも

    賞味期限5年です。

    カンパンはご存じだと思いますが、ルヴァンの

    クラッカーも賞味期限5年です。

    気の向いたときに食べて、また補充します。

    技術が進んでいるので、これからどんな防災食が

    出てくるかと楽しみです。

     

    たまには家族みんなでわいわいがやがやと防災食の

    試食会をしてみてはどうでしょう。

    どれを買って備えておくか、どれが好きか、

    投票して決めるのはどうでしょう?
    防災について意識する機会にもなると思います。

     

    ついでに、いざというに時は何を持って、どこに

    逃げるか、連絡方法も確認しておく。

    ひとり暮らしの人は、友人に、何かあったらどこへ

    逃げるとか、連絡方法を話し合っておいてはどうで

    しょう。

     

    防災食品は災害に備えるだけでなく、家族で話をする

    きっかけにもなると思います。

     

     

    | 福祉 | 10:56 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする