くらしかる 老前整理 blog

暮らしを軽くする、暮らしを考える
日々の暮らしにまつわることを少しずつ
<< エレベーターの災害対策用備蓄品ボックス  6月22日 | TOP | ご近所の花園 6月24日 >>
食器棚―地震対策―小さなこと  6月23日
0

    今日はくもりで、時々小雨パラパラ。

     

    今回の地震で、幸いなことに自宅も事務所も無事でした。

     

    事務所は大阪市中央区ですから、自宅よりも震源地に近く、

    揺れたと思います。(不在だったので不明)

     

    事務所の普段使わない食器を入れている食器棚には、

    写真のように、取っ手を樹脂のようなもので固定して

    いました。(以前から)

    揺れて、扉があくと食器が飛び出すからです。

     

     

     

    いろいろ試して、これが一番ぴったり納まった。

    見栄えはよくありませんが、ご覧のように中の器は

    割れませんでした。

     

    できれば食器棚の扉は引違い扉が望ましいのです。

    (扉が手前に開くのでなく、横にすべらせる)

    阪神淡路大震災を経験した時に、よくわかりました。

     

    まだ余震があるかもしれません。

    もしこのような作りの食器棚なら、使わないときは

    何かで取っ手を固定しておかれるのが良いと思います。

     

    とはいえ、食器棚が倒れてはどうしようもないので、

    食器棚自体が倒れないような金具をつけるとか、

    突っ張り棒など、できる範囲でやっておくほうが

    安全、安心だと思います。


    これはもちろんタンスや本棚などの家具が倒れないように

    しておくのと同様です。

     

    阪神淡路大震災の時に、マンションの上階で食器が

    壊れた友人たちは口をそろえて、いい食器ばかりが

    割れた、どうでもよいのに限って残ったと嘆いて

    いました。

     

    今日は経験談でした。

     

    | 講演、仕事関係 | 09:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする