くらしかる 老前整理 blog

暮らしを軽くする、暮らしを考える
日々の暮らしにまつわることを少しずつ
<< 希望の黄色   6月20日 | TOP | 災害時持ち出し品リストの例  6月21日−2 >>
トイレットペーパー1か月分  6月21日
0

    雨が上がり、夏至の蒸し暑い大阪です。

     

    近畿だけでなく、九州、四国なども大雨が降ったようです。

     

     

    この写真は何かおわかりでしょう。

    トイレットペーパーの芯です。

     

    老前整理の講演で私は毎回、

    「お宅で1か月に使うトイレットペーパーは何ロールですか」

    と尋ねます。

    1000人以上の方にこの問いをしましたが、答えられたのは

    3人です。

     

    それくらい、意識しておられないのです。

    補充はどうしているかといえば、スーパーの安売りのときに

    買っておくのだそうです。

     

    経産省では1か月分のトイレットペーパーの備蓄を進めています。

    理由は、地震が起こった時に被災地はもちろん、生産地

    (静岡など)が被災した場合、供給がストップするからです。

    (東海地震を想定)

     

    食料や水は家庭の備蓄、自治体の備蓄である程度何とか

    なりそうですが、トイレットペーパーは難しいのです。

     

    ところが1か月分のトイレットペーパーの使用量を

    知らない人が多いことに驚きました。

     

    また水は1人1日3リットルとか、目安がありますが、

    トイレットペーパー何ロールと決めるのは難しいのです。

     

    なぜか?

    まず男女の使用量の違い、家族の人数、在宅時間。

    シングルとダブルではm数が違う、巻きmも60mもあれば

    長巻100mもあります。

    だから1か月○ロールとなかなか分かりにくいのです。

    だから、老前整理では1週間の使用量を確認して×4で

    1か月分の備蓄の目安にしてくださいと話しています。

     

    備蓄は、たくさんありすぎても無駄になります。

    足りなければ、いざという時に困ります。

    つまり管理が重要。これは老前整理に含まれます。

     

    昨夜スーパーに行くと、水やお茶の2リットルの

    ペットボトルの売り場に、

    「地震の影響で品不足が生じています、おひとり3本まで

    とさせていただきます」と張り紙がありました。

     

    日頃の備えが大切です。

    水や食品はまず頭に浮かぶと思いますが、

    トイレットペーパーのチェックもしておいてください。

     

     

    また介護用品ですが、断水などのときに、

    ウエットティッシュ、ドライシャンプーはもちろん、

    「からだふき」や「清拭料」「歯みがきティシュ」も

    出ています。

     

    大阪では余震の不安を抱えていますが、日本のどこで、

    いつ地震が起こっても不思議はないと思います。

    他人ごとでなく、備えておいてください。

     

     

    | 講演、仕事関係 | 11:05 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする