「江戸の戯画」展  5月28日

  • 2018.05.28 Monday
  • 11:51

大阪はくもり空で、地下鉄には冷房が入っています。

スーパーでは一時高騰した野菜の値段も落ち着いて、

一安心。

 

昨日、大阪市立美術館の「江戸の戯画」展を見てきました。

近い美術館だと、いつでも行けると、ついつい先延ばしになる

のですが、ようやく見に行ってきました。

 

 



 美術館の吹き抜けロビー

セットは歌川国芳の「金魚づくし」シリーズがモチーフ。
鳥羽絵から北斎・国吉・暁斎までというサブタイトル。

美術館ではこのようなインスタ用のセットが当たり前になって

いるもよう。

 

18世紀に大阪で鳥羽絵として笑いを誘う「戯画」が

鳥羽絵本として出版され、その影響を受けたとされる

葛飾北斎、歌川国芳、河鍋暁斎の足跡をたどっています。

そうだったのか、と思いました。

動物の戯画は見てて頬が緩みます。

 

北斎、国芳、暁斎と私の好きな絵師が並び、楽しませてもらい

ました。

猫好きには国芳の猫の絵がお勧めです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM