色のイメージ 1  5月22日

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 12:31

大阪は晴れて28度という天気予報、暑くなりそうです。

 

先日、謝罪に行く時にピンクのネクタイをして行った

某アメフト監督のこと。

 

タックルの問題はとんでもないと思いますが、その話は私が

あれこれ言うことではないので横に置いといて、ピンクの

ネクタイに非難が多いので、この件についてです

 

タレントが謝罪の会見をする時に紺のスーツで紺など地味な

ネクタイなのも、着ているもので非難されないような配慮なの

ですね。

今さらと思われるかもしれませんが、謝罪するときには

それなりの服装をすること、が暗黙の了解。

 

それをピンクのネクタイとは!! ふざけるなという声。

この方をかばうつもりは全くありませんが、このピンクは

運動競技用のスクールラー(箱根駅伝のタスキの色)

という情報を知って、この人にとっては学校のネクタイを

しめてきたという話、かもしれません。

スクールカラーが黄色や青だったらどうだったのかと

考えたりもします。

 

運動競技用とはいえ、スクールカラーがピンクというのも

珍しいなと思いました。

現在は関わりがないのでわかりませんが、私がカラーの仕事を

していたバブルの時に企業のCIカラーなどは、赤と青が

多かった。(青には紺が含まれる)

これは日本人の好きな色だからです。

 

私の記憶では当時、ピンクを使っていた大企業は女性の

下着メーカーでした。

 

色のイメージは文化やによってもとらえ方が違います。

長くなったので、続きは明日。

ついでに、事務所にいるピンクの豚の貯金箱を紹介。

 


 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM