ガチャポンは日本土産!?  5月18日

  • 2018.05.18 Friday
  • 11:12

今日はどよんとしたくもり空。霧が出ているところもあるようで

湿度は70%を超えるとか、明日は一転、気温が急降下らしいです。

体調管理も大変だ。

 

 

先日、地下鉄日本橋駅(にっぽんばしは大阪、東京は、にほんばしと呼ぶ)

の横を通った時にこのガチャポンを見付けました。

(私はずっとガチャポンと呼んでいる)

ここは電気屋街と黒門市場という外国人の観光客に人気のある場所の

近くの駅です。

 

 ガチャポンがいくつあるか、

 思わず数えました。

 いくつあると思いますか。

 

 答え―54です。
 

 

 利用説明が、英語、中国語で

 書いてあります。

 

 よくある缶バッジや食べものの

 キーホルダー、などの他に、

 仏像だとか、外国人に日本の

 定番と思われている富士山、

 相撲、芸者の小物、北斎の絵

 など、色々ありました。
 

 

な〜るほど。

お土産として、持って帰るのにかさばらないし、価格も200円〜400円で、

お手頃かもしれません。それにカプセルを開けるのって、ドキドキする。

JAPANESE GACHA GACHA で、通じるようです。スシ、カラオケ、豆腐

みたいに世界に通じるようになるかもしれません。

 

ここで疑問に思ったのが、なぜハングル語の説明がないのか?考察。

1、韓国にも同じようなガチャガチャがあるので買わない。もしくは

  説明がなくても利用法は知っている。

2、韓国の人はこのあたりにあまり来ない=他所へ行ってる。

3、韓国からの観光客自体が減っている。

 

この近くにコインロッカーもあるのですが、ここも英語と中国語2種で、

ハングル語なしです。

このロッカーでは、「貴重品・危険物禁止」を中国語2種でやけに

強調しています。

 

 このロッカーは地下鉄の管轄らしく

 両替は駅改札でと書かれています。

 

 さて、考察の中に正解があるのか

 どうか、私にもわかりません。

 

 逆に考えれば、私たちが海外に

 行く時のお土産にガチャポンを

 持っていくと、日本を紹介するのに

 よいかもしれません。
 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM