運賃が違う!?  4月11日

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 11:01

大阪は晴れていますが、生ぬる〜い風が吹いて、気持ちが

わるい、変な天気です。

午後からお天気は崩れるらしい。

 

昨日は灯台下暗しと書きましたが、今日は、逆に、当たり前と

思っていたことが、他所では違ったという話。

 

出張で上京し、電車やバスの移動をするときには、ICカード

(ICOCA)を使います。

改札でカードをピッとしたときに、運賃表示が出る時があります。

その時、○○3円とか、○○6円とかでるので、えっと思いつつ、

通過していました。

 

運賃に3円とか6円の端数が付くと、出すのも面倒だし、おつりは

もっと面倒だと思ったからです。

 

先日の出張で、JR(東)の運賃表を見て、端数が付いていない!

 

 山手線

 五反田―品川

 140円
 

 

 

 ところが

 掲示板の隅の方に

 運賃表

 ICカード利用時

 140円→133円

 

 これで、改札の機械の

 表示に、端数が出ている

 ことがわかりました。

 

 なーるほど!

 

 

 

 

 

 

ICカードのほうが、券売機からお金を回収する手間も、切符の作成数も

減るでしょう。いろいろな意味で、コスト削減になるから、安くなる。

納得がいきます。では、大阪ではどうしてそうなっていないの? です。

 

首都圏は利用者が多いからでしょうか。しかし、ICカードで運賃が

安くなれば、大阪でもカードの利用者も増えるのではないか

と思います。

 

今日の新聞に、脱「現金決済」に知恵を絞れという某研究所の

コンサルタントの記事が掲載されていました。

 

ただキャッシュレス化と唱えるより、どのような点がよいのか、

利用者にもメリットがあることを伝えないと、わからないと思います。

 

最後に、SUICA(JR東日本)を使っている東京の友人に、

大阪はICOCA (行こか)だというと、大阪らしいと笑われました。

ほっといてんか!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM