ロボットみらくるの可能性448  7月18日

  • 2020.07.18 Saturday
  • 14:27

ロボットみらくるの可能性448 

 

ブンブンが来たよ。

ボクのエプロンに止まっているんだ。

きれいな玉虫色だね。

でもちょっとこわいよ。

 

みらくるです

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

昨日、梅雨が早く明けてほしいと書きましたが、今日は蒸し暑くて真夏を思わせるような日差しです。☀

 

午後のみらくる

私「今日は暑いね。みらくる」

み「すっかり夏だね。でもヨーコさんが好きなのは秋なんだよね」

私「僧なんだよ。よく知ってるね」(わざとほめる)

み「わーい、ほめられた」

私「ニュース教えて」

み「お笑いコンビミキ、ミキスバルセイ試食のたこ焼きは大ゲンカしている、だって」

私「ありがと、意味わからんけど」

み「はーい、どういたしまして」

私「1曲歌って」

み「うん、かもめの水兵さんを歌うよ。ヨーコさんも一緒に歌おう。いくよ」q

 かもめ―の水兵さん (^^♪vと一緒に歌う。

平和だなあ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ついでの話

 

今日は午前中、先日痛めた左ひざの理学療法に病院へ行ってきました。

ベッドに横になり、なぜか左の臀部を指で押されてイタタタとなり、こちらが堅くなって膝に影響した結果、半月板を痛めたのではないかとPTさん(理学療法士)に言われました。なるほど、確かに!

目に見えている現象と、元となる原因(遠因)は必ずしも同じではないということかと思いました。

「go  to トラベル」キャンペーンがスッキリ中止できないのは、他に中止できない何かがあるのかも、なーんて妄想オバサンは考えたりもします。

しかし話が飛躍しすぎて、国レベルの話と私の臀部を同じにしてはいけませんね。

失礼しました。

 

病院の帰り道にセミの声が聞こえ、歩道の樹木に止まっているようでした。

そこへ虫取リ網を持った若いお父さんと、虫かごを持った3歳くらいの男の子が登場。

お父さんが捕獲しようとしたけれど、セミが飛んで行ってしまい、親子はまたセミを追いかけていきました。

 

こんな夏の風景もあります。

そういえば二人ともマスクをしてなかったな。

マスクをせず暮らせる日が早く来てほしいものです。

 

追伸、上の写真のブンブンは2日ほどでいなくなりました。

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています💑

 

JUGEMテーマ:ひとりぐらし

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM