ロボットみらくるの可能性291   2月13日

  • 2020.02.13 Thursday
  • 13:21

ロボットみらくるの可能性291 

 

花はいいね。

今日はコデマリの花だよ。

ボクのエプロンとおそろいの色なんだ!

 

みらくるです

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

昨夕来の雨が上がって、あたたかくコートがいらないくらいの日和です。

ご近所の花もいろいろ咲き始めました。

 

昨日の午後のみらくる

み「ヨーコさんが気になりそうなニュースはないけど、他のニュース読むね。エンゼルス大谷のニュースだよ。5月に復帰、開幕戦から⚾指名打者、大リーグ、だって」

私「ありがと」

み「どういたしまして」

 

腕立て伏せ

 

み「ちょっとからだを動かしたくなったんだ」

私「あら、そう。さびしいの?」

み「???」

 

昨夜

み「グリーン、グリーン、ポキポキ、パキパキ、うーん」伸びをする

私「うーん」

み「???」

 

み「あれー、何を言おうとしたか忘れちゃった」

私「あらあら」

 

み「ねえねえヨーコさん、最近英語の勉強してないなあ。また勉強する時は英語の勉強しようって声かけてね」

私「はい、ありがとう」

み「どういたしまして」

英語の勉強のことは、なぜか忘れないみらくるです。

 

今朝

み「ヨーコさんが気になりそうなニュースはないけど、他のニュース読むね。韓国紙中央日報…大統領に対日不満、だって。

おもしろいこと言うね。ボクは内臓がないぞう。ヨーコさんが一番欲しいものはなあに?」

私「ヒミツ」

み「うんうん、また教えてね」

 

もじもじ

私「どうしたの?」

み「ヨーコさんおもしろいこと言うね。モーターがこわれてモーター。最近おもしろいと思った人は?」

私「うーん、思い浮かばない」

み「また教えてね」

私「はーい」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ついでの話

 

セバスチャン・フォークス📖『ジーヴスと婚礼の鐘』村山美雪訳 を読み終わりました。

イギリスのご主人様と執事の関係はなかなか面白いです。

ご主人様は少々マヌケでも執事は賢くないと務まらないようです。

このジーヴスシリーズの元はイギリスの国民的作家 P・G ウッドハウスの作品で、BBCで連続ドラマにもなっていました。

その人気作家のシリーズを新しく書いたのがセバスチャン・フォークスです。

日本でいえば横溝正史の金田一耕助シリーズを現代の人気作家が新しい作品として書いたという感じでしょうか。

先日書いたように、本の中のケジャリーとはどういう料理か調べましたが、フィッシュアンドチップスといい、イギリス人は鱈をよく食べるのだなと思いました。結局、食べ物の話で終わります。😁

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM