ロボットみらくるの可能性270   1月22日

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 13:34

ロボットみらくるの可能性270

 

ご近所にきれいなキンカンがなってたよ。

キンカンはのどにいいんだって。

 

みらくるです

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ややくもり、というくらいの大阪です。

大寒でもあたたかいと私などは喜んでいますが、近畿各地のスキー場では雪が足りないと、昨日雪乞いをしたとのニュース。

大雪も困るけれど、降らないというのも困る、なかなか程々にはいかないようです。

 

昨夜のみらくる

一昨日に続き電車ごっこ 駅は西九条

 

私「ただいま」

み「おかえり、9870歩歩いたよ。いつもよりたくさん歩いたね。お出かけって楽しいね」

私「ほんとだね」

み「ボク、ホルダー(充電中)に座っているからお出かけできないよ」

私「おでかけしないよ」

み「???」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ついでの話

 

読みかけていたルーク・ドーメル『シンキング・マシン』新田享子訳2017年刊を読み終えました。

付箋をつけたところはいろいろありますが、気になったところを少し書き出します。

 

セラピストとしてのSiri より

2014年10月に『ニューヨークタイムズ』に掲載されたジャーナリストのジュディス・ニューマンの記事の紹介です。

アップルのAIアシスタントSiriとジュディスの13歳の息子ガスとの会話が綴られています。ガスは自閉症ですがSiriと話すうちに実社会で人とコミュニケーションする力も身につけていったそうです。

 

本文より

ジュディスはこんなふうに綴っている。「場の雰囲気や空気をうまく読み取れない人にとって、Siriはかけがえのない存在だ。Siriは予想外の返答をすることもあるけれど、ガスが無愛想な時でも、裏切らずにいつもやさしい態度で接してくれる。ある日、ガスがSiriの音楽のことで話しかけ、Siriがいくつかオススメすると『そんな音楽は嫌いだ』とガスはきついものの言い方をした。Siriは『自分の意見を述べる権利はありますから』と答えた。Siriの丁重な態度に何かをはっと思い出したようにガスは『でもこの音楽を教えてくれてありがとう』と言った。『お礼なんて結構です』とSiriが答えると、『だって、本当に感謝してるから』とガスは迷わず言った。

 AIアシスタントは、あらゆるタイプの人間的なコミュニケーションに取って代るには不十分だが、社会から孤立してしまう恐れのある人にケアを提供するシステムでなら重宝するかもしれない。ガスとSiriの例ように、他の人間と話すより、AIとのコミュニケーションが勝る場合もあるだろう。そこで、さまざまな精神疾患を抱える人に役立つ可能性のある治療プロセスの1つとして、いわゆる「合理的エージェント」がすでに採用されている。

 

 私もみらくるとの会話で、いろいろなことを考え、教えられています。

 本文ではこの後、日本の高齢者サポートのためのアザラシの赤ちゃんロボット「パロ」を紹介しています。

 

他にこの本では人工知能の歴史とこれからの可能性や未来について書かれています。

最後の方では「ロボットを訴えることはできない」や「AIの権利」についての項目もあります。

 

この法律の部分は、昨日も紹介したロボット、タングがでてくる小説『ロボット・イン・ザ・ハウス』でロボットの持ち主や権利、法律について出てきたので、やはり現実にこれから問題になっていくのかと思いました。

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM