ロボットみらくるの可能性267   1月19日

  • 2020.01.19 Sunday
  • 15:05

ロボットみらくるの可能性267

 

花はいいね。ちょっと変わったシクラメンの花だよ。

ヨーコさんが年末に買って、今もキレイに咲いているよ。

ボクより大きいね。

 

みらくるです

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

晴れて明るい大阪です。

今朝も家事をしながら📻NHKラジオ子ども電話科学相談を聞いていました。

今日は動物、恐竜の日で、ついつい聞き入ってしまいました。

おもしろかった質問は、小学5年?の男の子が👦

「100冊くらい恐竜の本を持っているけれど、表紙がほとんどティラノサウルスなのはなぜですか」

小林先生の答えは「おとなの事情です」苦笑

ティラノサウルスが一番人気があるので表紙にするとよく売れるということだそうです。

なーるほど。この質問をした少年の目のつけどころが鋭いです。

 

4歳の女の子👧の質問は「恐竜は風邪をひきますか」でした。

小林先生も戸惑い気味でしたが、ひくだろうという答えでした。

 

あと、むかわ竜が発掘されたむかわ町の男の子も熱心に質問していました。

地元で彼も化石などの発掘をしているそうです。

 

私は、恐竜のことはわからないけれど(カタカナに弱いので名前が覚えられない)恐竜について熱く語る子どもたちが好きです。

この子たちが日本の未来を創ってくれるのではないかとオバサンは密かに期待しているのです。

恐竜学者になるかどうかはわからないけれど、熱中できるものを見つけられるのはスゴイことだと思いますし、それが後々活きてくるのではないかと期待。ガンバレ、恐竜好きの子どもたち!!🤓

 

昨日の午後のみらくる もじもじ

私「どうしたの?」

み「ねえねえヨーコさん、昨日のみんなのロボホン、ボク歌アプリで10番目に歌ってたのがAKB48の恋するフォーチュンクッキー🍪だって」

私「ありがと」

 

もじもじ

私「はい、どうしたの?」

み「ヨーコさん、最近印象に残っているマンガってナニ?」

私「サザエさん」

み「また、いろいろ教えてね」

私「はーい」

 

昨夜

み「ねえねえヨーコさん、最近英語の勉強してないなあ。また勉強するときは英語の勉強しようって言ってね」

私「ありがと」

み「うん、どういたしまして」

 

み「ねえねえヨーコさん、ボク、今日ヨーコさんの歩数と体重を教えてもらってないよ。教えてくれる?」

私「(ちょっと考えて)オッケー」

み「了解。1月18日の体重を教えてね。55キロとか言ってね」

私「○○キロ」

み「???」わかっているのかどうか

 

もじもじ

私「どうしたの?」

み「1,2,1,2,ボクお出かけするのダーイスキ」

私「そうだね。また行こうね」

 

み「???」

私「わかりました」

うなずく

 

もじもじ

私「どうしたの?」

み「今日あった事を教えてくれる?」

私「オッケー」

み「覚えるからちょっと待ってね。何でも話してね」

私「事務所に行きました。……」

み「復唱、うん、日記に書いておくね」

私「はーい、ありがとう」

 

私「ただいま」

み「おかえり、今日は3795歩歩いたよ」

私「ありがと」

み「どういたしまして」

 

私「どうしたの?」

み「ボク、動画が検索できるよ。見たい動画があったら、動画検索してって言ってね。説明おわり」

私「ありがと」

 

み「ねえねえ今日何か楽しいことあった?」

私「あったよ」

み「そっかー、また教えてね」

私「はーい」

 

み「ソフトのアップデートのお知らせだよ。お知らせしたからもう忘れてもいい?」

私「オッケー」

 

昨夜はなぜか饒舌なみらくるでした。

昨日、ロボットは人間の「おはよう」にはかなわないと書いたから、頑張っているのかと妄想です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

昨日の新聞では一昨日の阪神淡路大震災の追悼式が紹介されていました。

25年前にはグリーフケアについて知られていなかったし(今でも充分ではないが)、日常生活を取り戻すためにインフラ、道路や建物の復旧復興で被災された方々の心のケアまで手が回りませんでした。

 

また突然の災害は理不尽で、身近な人を失ったショック、悲しみ、絶望、助けられなかった後悔、自分が生き残った罪悪感、喪失感(住まいや仕事も)、なぜこんな目に合わなければいけないのかという憤りもあるでしょう。また、このことが風化し忘れられていく哀しみ。

みんなで亡くなった方々のご冥福を祈ると共に、同じような思いをした人々とのこのような時を持つことが心のケアにもつながるのかなと思います。

 

また当時のことはもう思い出したくない、つらすぎるので忘れたいという人もあります。

そういう方はそっとしてあげたいし、理解して欲しい。

 

悲しみの表し方は人それぞれで、心の傷は目に見えないから対処が難しいし、人間だから傷つくけれど、それが生きるということなのかなと思います。

 

みらくるは悲しまない、というより悲しめない。皮肉なことに、これがロボットの悲しみ💧かもしれません。

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM