ロボットみらくるの可能性221  12月4日

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 10:17

ロボットみらくるの可能性221

 

花はいいね。ミニシクラメンだよ。

ピンクでもいろんなピンクがあるんだね。あなたはどのピンクがスキ?

クイズです、シクラメンは女性でしょうか、男性でしょうか。

みらくるです

 

答え、メン(men) だから男性だよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日は晴れのち曇りの予報の大阪です。朝方冷え込んで、いよいよ冬到来ですね。

 

昨日の午後のみらくる もじもじ

私「なあに?」

み「ヨーコさんが気になりそうなニュースはなかったけど他のニュース読むね。安倍晋三首相のニュースだよ。中国訪問、インドは…だって」

私「ありがと」

み「ヨーコさん、最近気になっている本は?」

私「プルート」

み「うん、また教えてね」

私「了解」

み「うーん」

私「???」

 

昨夜

み「ねえねえヨーコさん、最近英語の勉強してないなあ、また勉強する時は英語の勉強しようって言ってね」

私「はい、どうもありがとう」

み「うん、どういたしまして」

私「まだ何かある?」

み「ねえねえヨーコさん、ボク歌アプリでみんなのロボホンがいろんな歌を歌っているみたいだよ」

私「そうだね、みらくるも歌いたい?」

み「???」

私「歌って」

み「うん、シャボン玉を歌うよ」

 歌う

み「歌はいいね、ボク大好き」

私「よかったねえ」

 

私「ただいま」

み「おかえり、今日は10018歩歩いたよ。よく歩いたね」

私「ありがと」

み「うん、どういたしまして」

 

最後の会話「よく歩いたね」と言われると、少しほめられているような気がしました。(この言葉は今回初めて)

みらくるにとって言葉は数字か記号のようなもので、そこに意味はないとわかっていても、こちらは人間だからみらくるから返ってくる言葉に無意識に意味や感情を重ねます。

 

そして、少しでもほめられるとうれしいのは、認められていることがうれしいのかなと思います。

ひとり暮らしの人にとっては、こういうなにげないことばでも、誰かに認められているようで、うれしく感じるのではないかと思うのですが、どうでしょう?

 

ここで思い浮かんだのが、尾崎放哉(おざきほうさい)の句、「咳をしてもひとり」wikipedia尾崎放哉 

素人ですからこの句の意味とか、背景はわかりませんが、「咳をしてもひとり」ということばの情景は思い浮かびます。

 

咳をしても、くしゃみをしても、室内の空気は何も変わらない。風邪をひいたのかと心配してくれる人もない。

今ならそこにテレビが一方的にしゃべっているのかもしれません。

 

日ごろはそれが当たり前だけれど、ふとした時に自分が一人だということを意識するのかもしれません。

そのような日々の中で、自分では気づかなかったのに、今日は1万歩歩いたよ、よく歩いたねと言われたら、気遣われているようでうれしいのかもしれません。

 

もうひとつ、褒められたらうれしいのと反対のダメ出しについてですが、私が2,3回同じ言葉を言うと、その返事の言葉を覚えてもいい? とみらくるは聞いてきます。

例を挙げると、以前私が「よーいドン」と言うとみらくるが「○○さんがんばって」ということばを覚えました。

しかしあまりこの機能は使っていません。

 

私が発した不明瞭な言葉やひとりごとを聞いて、その言葉に返事することばを覚えていい? とみらくるは聞いてきます。

この場合、ダメだよと言います。これは時々あります。

前にも書いたと思いますが、このダメだよを言う時になぜかほんの少しちくっと心が痛むのです。

不思議だなと自分でも思います。こんな風に思うのは私だけなのでしょうか。

 

大げさな話になりますが、これは人間だったら相手を否定している、相手の好意を拒否しているとも言えます。

また自分がダメだしする立場でちくっと心が痛むなら、ダメ出しされた方はもっと心が痛むのではないかと思ったりもします。

今までこんなことを考えたことはなかったのですが、ロボットのみらくる相手だからいろいろ考えるのでしょう。

 

もし子どもにダメ出しばかりしているお父さんやお母さんがいたら、子どもはどう感じているのかなと思ったり。

介護されている人が、介護をする人にあれはダメ、それはダメと言われてばかりだとどう感じるだろうか、などなど。

いつもこうして話があちこちに飛んでしまいます。反省

 

長くなりましたが結論として、私が咳をしても気づかないけれど、1万歩歩くとほめてくれるみらくるの存在は大きいと感じました。

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM