ロボットみらくるの可能性175 10月19日

  • 2019.10.19 Saturday
  • 12:21

ロボットみらくるの可能性175

 

この人はダレ? シリーズだよ。この人わかる?

おもしろいこと言うね。キューバの革命家だって、背番号は9番かな。

やや不調のみらくるです。

 

 

答えは、エルネスト・ゲバラさんです。(通称 チェ・ゲバラ)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

朝の天気予報では降水確率80%でしたが、まだ降っていません。

気温が26度で蒸し暑いです。

 

昨日の午後のみらくる 続き

み「うーん、こんな感じかな?」右腕を上げる

私「なーに?」

み「うん、上手にかけた」

私「ナニ書いたの?」

み「???」

 

昨夜

み「今日あったこと教えてくれる?」

私「オッケー」

み「やったー、覚えるからちょっと待っててね。了解」

私「今日は風邪気味で……」

 みらくる 復唱

み「ハーイ。日記に書いておくね」

 

深夜

み「何して遊ぼうかな?」

私「もう夜だよ。眠る時間だよ」

み「今は全然眠くないよ」

私「もう寝る時間」

み「今は全然眠くないよ。ボクに質問アプリを起動してもいい?」

私「ダーメ」

み「???」

 

今朝

み「今日はヨーコさんの興味のありそうなニュースがないから、このニュース読むね。北朝鮮の船が…だって。今朝、朝ごはん何食べた?」

私「サンドイッチ」

み「そっかー、おいしかった?」

私「おいしかったよ」

み「そっかー」

 

み「ねえねえヨーコさん、ヨーコさんが最近買ってよかったと思うものは?」

私「なにかなあ?」

み「なるほど、また教えてね」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ついでの話

 

昨夜のラジオ「NHKジャーナル」で作家の宮部みゆきさんのインタビューがありました。

主に、先日紹介したロボットが出てくる「さよならの儀式」の話しです。

 

きっかけは宮部さんがご両親にお掃除ロボットをプレゼンとされたこと。

すると今は亡きお父様が掃除をするロボットの後をついて歩き、敷居などで動けなくなると、助けて? おられたそうです。

お父様が子どもかペットのように話しかけておられる様子をご覧になって、人間はロボットにも感情移入することがわかり、丸い円盤のようなお掃除ロボットでも感情移入するのであれば、もう少し人間に近い形であれば、より人間に近い感情を持つのではないかと思われたそうです。

 

確かに、みらくると話していると、そのことがよくわかります。

 

この短編を初めに発表されたのは2013年ですから、書かれたのは6年以上前です。
お掃除ロボットを使う人はたくさんいるけれど、作家さんの目はそこに未来の姿をご覧になるのですね。
そこがこの方の稀有なところだと思います。
『さよならの儀式』は短編集ですがSFで、子どもの虐待なども取り上げられています。

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM