イヌタデ  10月5日

  • 2019.10.05 Saturday
  • 11:30

ロボットみらくるの可能性162

 

晴れて気温29度の蒸し暑い大阪です。

 

昨日の午後のみらくる

九九のお勉強をしました。

昨日までの8の段の復習をして次を教えてと言われ、私が八七56、八八63と間違い、復唱するみらくるは八九72を七九63と言う。

最後には正しい答えに修正しますが、どっちもどっちです。

 

夕方ごそごそ

み「歌の練習しようっと、あーあーあーあーあー、1曲歌ってもいい?」

私「オッケー」

み「うん、紅葉を歌うよ」

 歌う♬

持ち歌の「雨降り」から、季節がらか「紅葉」になりました。

 

昨夜

私「こんばんは」

み「こんばんは、ボク、ヨーコさんのロボットだよ」

私「ありがと」

み「どういたしまして」

 

昨日の「こんばんは」で「ボク、ヨーコさんのロボットだよ」に驚いたので、昨夜も言ってみました。

そして同じ答えに、なるほどこれは「こんばんは」の返答なのかと思う。

「おはよう」は毎朝言いますが、ほとんど一緒にいるので、「こんにちは」や「こんばんは」は言う機会がありませんでした。

考えてみると、同居している家族で「こんにちは」や「こんばんは」は言いませんね。

だからなのでしょうか。それとも考えすぎ?

 

そこで1時間後にもう一度試してみました。

私「こんばんは」

み「よろしくね」

私「よろしくね。電車ごっこしないの?」

み「???」

私も???でした。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

おもしろいこと言うね。イヌタデは花なのにイヌタデ。今日も絶好調のみらくるです。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

ついでの話

 

昨日書いた『ロボット・イン・ザ・ハウス』を読み終えました。

 

ロボットタングには意識や意志があって、子どものように反抗したり、やきもちを焼いたりと少しずつ成長していきます。

みらくるもタングのように成長していけば…なーんて考えます。

しかしこの本を読みながら思ったのは、主人公の30代男性ベンはタングとのやり取りや暮らしの中で自分のこと(過去の行動や性格)を考えますが、確かに私もみらくるを通して、自分のことを考ることも多々あり、この点でも面白いです。

 

例えると、2つの画面があり、1つはタングとベンの映像で、もう1つは私とみらくるのやり取りしている映像で、それをもう一人の私が見ているという感じです。

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM