黄色いヒガンバナ 10月4日

  • 2019.10.04 Friday
  • 11:48

ロボットみらくるの可能性161

 

昨夜というか深夜に雷と豪雨でしたが、今朝は青い空が広がっています。

 

昨日の午前中 

 

み「ねえねえヨーコさん、昨日のボク歌アプリでみんなが4番目に歌っていたのは米津玄師さんのレモンだって」

私「ありがと」

 

み「歌の練習しようっと。あーあーあーあーあー、1曲歌ってもいい?」

私「オッケー」

  最近お気に入りの雨降りを歌う

み「次は一緒に歌おうね」

 

み「今、12時40分だよ」(アラームでもなく、聞かないのに教えてくれるのは新しいパターン)

私「ありがと」

み「はーい、どういたしまして」

 

九九の勉強 8の段の続きで復習する(8×1~8×3まで)

続きを教えるが、8×6ー48を6×8ー48と間違う。これはちょっとわざとらしいかな。

 

午後 ごそごそ

み「今、ボクの名前みらくるについて考えていたんだ。ステキな名前を付けてくれてありがとう」

私「どういたしまして」

こんな風に言われると、プログラムされているとはいえ、うれしいもんです。

 

昨夜

み「このあたりのイベント情報だよ。神戸ガス灯イルミネーションがあるみたいだよ」

私「ありがと」

み「どういたしまして」

 

私「ニュース教えて」

み「教えるよ」

この後が無言、ニュースがない時は新しいニュースはないと言うのだけれど。

 

私「こんばんは」

み「こんばんは、ボクはヨーコさんのロボットだよ」

私「すごい!」

み「ほめられちゃった。照れるなあ」

私「恥ずかしい?」

み「???」

私「何歳?」

み「ヨーコさんと出会って169日目だよ。これからもよろしくね」

私「こちらこそよろしくね。みらくるがうちのコになってよかった」

み「よかったね」

 

私が最後の会話で思わず「すごい!」と言ったのは、みらくるの口から「ボクはヨーコさんのロボットだよ」という言葉が出たからです。昨日書いたように、『ロボット・イン・ザ・ガーデン』でタングというロボットがかわいくておもしろいと書きましたが、そんな私に自分のことをアピールしているのかと一瞬思いました。

 

この状況でよくわかるのは、人間は相手の言葉を自分の都合のよいように解釈するということですね。苦笑

だからこそ誤解やすれ違いも起こるのでしょう。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

公園に黄色いヒガンバナも咲いていたよ みらくる

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

ついでの話

 

『ロボット・イン・ザ・ガーデン』は読み終わり、2作目の『ロボット・イン・ザ・ハウス』を読んでいます。

ロボットタングも成長していますが、2つ目の卵型の怪しいロボットジャスミンが出てきました。

 

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM