くらしかる 老前整理 blog

暮らしを軽くする、暮らしを考える
日々の暮らしにまつわることを少しずつ
とろろ昆布の売り場3  8月8 日
0

    猛暑から一息つけそうな気配です。

    とはいえ、事務所の室温は30度で、エアコンを

    つけました。

    外の方が風があって涼しいかも?

     

    今日はとろろこんぶ売り場第3回です。

    一昨日からの話ですが、スーパーでとろろ昆布は、

    昆布売り場かお茶漬け売場か、が発端です。

     

    これは近所のスーパーの売り場で、他のスーパーでは

    昆布売り場になっていました。

     

    ここで思い出したことがあります。

    以前聞いた80代の女性の話。

    この地域には昔からAというスーパーがありました。

    ところが数年前に、Aから数十メートルの場所に

    大型スーパーBができました。

    食品売り場の面積だけでAの2〜3倍くらいの広さです。

    当然、品ぞろえも豊富で、珍しいものもあります。

     

    ところがこの女性はBへは行きません。

    Aが特別安いわけではないのですが、売り場に慣れているから

    買いやすい、わかりやすいという理由でした。

    Bは広すぎてどこに何があるのかわからない。

    見て回るだけで疲れるのだそうです。

    もしかしたら昆布売り場にとろろ昆布が置いてないかも

    しれません。

     

    消費者としては、選択肢は多い方が良いと思いがちです。

    しかしこれは、人と場合によるということです。

     

    一時話題になったシーナ・アイエンガーの『選択の科学』

    (文藝春秋)ではこの選択について通称「ジャムの実験」が

    されています。簡単に紹介します。

    ある食品店で、ジャムの試食をしました。

    6種類の試食をした客のジャム購入率は30%だったが、

    24種類の試食の場合の購入は3%だったのです。

    つまり選択肢が多すぎると迷って決められないことが

    多いようだという結果です。

     

    洋服その他、色々なことに通じる話だと思っています。

    とろろ昆布からジャムの話になりました。

    最後に、こぶ茶は何売り場でしょう?

    (私は子どものころからこんぶ茶でなく、

     こぶ茶と呼んでいる)

     

    答え、お茶売場です。

    こぶ茶はお茶として飲むだけでなく、料理の隠し味の

    調味料としても便利です。

     

    台風13号も大きいようです。早めに備えてくださいね。

     

    | 食べ物関係 | 11:34 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    とろろ昆布の売り場2  8月7日
    0

      朝、新聞を取りに外へ出たら、風があって心もち涼しい。

      暑さも峠を越えたかと思ったら、暦は立秋、なるほど。

       

      昨日のとろろ昆布の続きです。

      近所のスーパーで、とろろ昆布がお茶漬け売り場にあった

      ことは書きました。

      別の大きいスーパーではこれが、昆布売り場にあったのです。

      店による分類の仕方の違いです。

       

      これは家の中のものをどこに置くかの問題とつながります。

      盆休みで久しぶりに実家に帰った娘が、

      「お母さん、どうしてこんなところに置くの?

       ○○はこっちでしょ」

      と置き場所を変えると、母はとっても困ります。

      スーパーにたとえると、娘は昆布売り場だと思ったけれど、

      母にはお茶漬け売場の方がよかった、みたいなものです。

       

      前整理でどこに何を置くかを考える時に、人により

      使い勝手や分類の仕方が違うということを頭に

      入れておいた方がよいという話です。

       

      ところで、同じ昆布でも昨日の「とろろ昆布」と

      似て違うのが、この「おぼろ昆布」です。

      大阪で「こぶうどん」といえばだいたいこの

      おぼろ昆布が入っています。

      こちらの価格はとろろ昆布の1.5〜2倍くらいです。

       

      2つの違いは とろろ昆布は、昆布を何枚も重ねた

      ものの側面削ったもの。

      一方、おぼろ昆布は、昆布の表面を薄く削ったもの

      だそうです。

      これで終わったかと思いきや、明日もこの続きです。

       

      ついでに書いておこう。

      NHKラジオ第1で高校野球中継をしていますが、

      第2試合を澤田彩香アナウンサーが担当。

      少し緊張しておられるようですが、違和感は

      ないです。

      藤井彩子アナウンサーに次いで2人目とか。

      某医大は女性に狭き門のようですが、これからは

      高校野球の放送も女性に頑張ってもらいましょう。

       

      | 食べ物関係 | 11:54 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      とろろ昆布の売り場1  8月6日
      0

        今日は原爆の日。

        広島での式典ではセミがたくさん鳴いていて、

        73年前も同じように鳴いていたのか、と思いました。

        大阪は昨日よりは少し日差しが陰っているような気が

        します。とはいえ36度だそうです。

        暑さに対する感覚がマヒしているもよう。

         

        暑い暑いと言いながら、体重は減らず、口ばっかりの日々。

        先日、近所のスーパーへ買い物に行き、とろろ昆布を

        買おうと思いました。

        まず昆布売り場の棚を見る、ない、横のわかめの棚にもない。

        あと思い浮かぶのは乾物売場。ない。

        もうとろろ昆布は絶滅したのか! と思いながら、商品を

        並べている売り場の若い男性に聞きました。

        彼が案内してくれたのは「お茶漬け」と札のついた棚。

        ええー、とろろ昆布はお茶漬け売場なの!?

        ふりかけやお茶漬けの素、塩昆布の隣にありました。

        ううむ、塩昆布の親戚といえばそうだけど…。

         

        何も考えずに「とろろ昆布」と書いてますが、これは日本

        全国メジャーなのでしょうか。もしかしたら大阪だから?

        実は昔、大阪は昆布の生産が盛んでした。

        というか私が子供の頃、遠方の親戚に手土産を持っていく時は

        塩昆布か「岩おこし」(菓子)でした。

        (江戸時代の話ではない!)

         

        昆布は松前船が大阪に入って、加工して塩昆布などいろいろな

        形にして出荷していたのです。

        煮物などのだしを取るのも、大阪は昆布が基本のような…。

        だから昆布は大阪名物。

        昆布の話が長くなってしまいました。

        この続きは明日。

         

        | 食べ物関係 | 11:45 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
        おむすびころりん  7月31日
        0

          大阪は相変わらずの36度で、日差しがジンジンしてます。

          台風が去って昨夜は、きれいな月が出ていました。

           

          日本の昔話の「おむすびころりん」は、みなさんご存知

          でしょう。

          このおむすびころりんがご近所の駐輪場でもありました。

          大きさと三角形から、たぶんおむすびで、自転車を

          停めた人が落としたのかと思ったのですが、

          本当の中身は分からないので、見ただけで通り

          過ぎました。

           

          台風後。

          雨風で包み紙がはがれて? ごまのおにぎりだと判明。

          落とした人がショックだったでしょうね。

          学校か会社に行ってカバンをあけたらおにぎりがない!

          私ならむちゃくちゃ悔しい。

          ここで、私はおにぎりと書いてますが、昔話では

          おむすびです。

          名称は地域によって違うのかよくわかりませんが、

          私の家はおにぎり派でした。お宅はどっちです?

          職場で聞いてみると面白いかもしれません。

           

           

          | 食べ物関係 | 10:55 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
          土用の丑の日には  7月20日
          0

            連日38度の大阪です。

            朝、暑いのと、蝉の鳴き声でいつもより早く目が覚め

            ラジオに合わせてラジオ体操をしました。

            (子供の夏休みだ)

             

            今朝あるスーパーのチラシを見ると、ウナギの横に

            遠慮がちに「土用の牛」と書いてありました。

            土用の鰻は暑いときに、鰻屋に頼まれて、平賀源内が

            スタミナつけようということで鰻のPRをしたのが

            始まり?といわれています。

             

            源内の時代には、この時期牛を食べてなかったでしょう

            から、(冷蔵庫がないから)今は牛でもよいかもね

            思ったりもして。それに鰻は高いです。

            近所のスーパーでは鹿児島、宮崎産の国産が1尾2000円

            前後、台湾産で1500円前後、中国産は1200円くらいと、

            値段で産地が推測できます。

             

            ではこの鰻はどこの鰻でしょう?(不明)

             

             

            夏祭りの「うなぎつり」でした。

            ウナギ高騰の時代に、珍しい。

             

            そこで、鰻は高くて…という声に応えたのが「うな次郎」

            好奇心で買ってきました。

            かまぼこ屋さんが魚のすり身で作ったようです。

            袋入りのたれと、粉山椒がつき、裏側は本物の鰻の皮の

            ように黒くなっています。

            鰻もどきとしてはよくできていると思います。

            そこまでして鰻を食べないといけないか!という気も

            しますが…食べた気になる、でもよいのか。
             

            鰻ばかりが人気者のようですが、土用シジミもあります。

            猛暑が続いて弱った胃腸や消耗した体にはシジミのほうが

            良いかもと思います。

            とにかく、鰻でも牛でもシジミでもしっかり食べて、

            この暑さを乗り切りましょう。

             

            | 食べ物関係 | 10:22 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
            • 1/4PAGES
            • >>