カレイと加齢は無関係  11月7日

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 10:48

 

今日は立冬で晴れ。

冬支度をはじめよということかと思いつつ。

 

仕事柄、パソコンで「かれい」と打つと加齢と変換します。

そうか、カレイと加齢は音が同じなんだ、と気が付いて。

 

加齢はありがたくないけれど、カレイ(鰈)は好きです。

一番よく食べるのはカレイの一夜干し。

これは笹カレイ。笹の葉のように細いから。

 

手前が目板(めいた)カレイで奥が、真(ま)カレイ。

目板カレイと真カレイはデパ地下の魚屋さんに並んでいて、

 

「どうして食べるのがおいしいの?」 と聞くと、真カレイは

固いので焼くと美味しい。

 

目板カレイは焼いても煮つけでもよいとのことでした。

なるほど。

 

どちらにしようかなと迷っていると、閉店間際だから、

安くするよと勧められて、こうして2匹が皿に並んだ次第です。

 

たぶん別々に見るとわからないけれど、並べてみると

わかるなあと一人で納得。

 

秋は芸術の秋、読書の秋、物思う秋、食欲の秋といろいろですが、

やはり私は食欲の秋でしょうか。

ドイツのお菓子  10月25日

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 11:29

 

昨夜、大阪は雨が降って、今朝は上がりました。

しかし、近畿ではまだ大雨警報が出ているところが・・・。

それにまた次の台風も。

 

さて気分を変えて、お菓子の話。

 

これはドイツのお菓子、コルケッチャ。

半年に1度くらい食べたくなって大阪のパン屋さんに買いに

行きます。

 

これは月に1回くらい食べている「アーモンド」というパン。

 

20代の頃から食べ続けてウン十年。

食パンやフランスパンなどは別にして、某パン屋さんでは

ずーっと定番商品です。

形が大きくなったり小さくなったり、それにつれて値段が変わって

いますがパンそのものは変わらないのです。

 

そういえばこちらもドイツのパン。

 

端っこのヘタのようなところが一番好きです。

黄王とキタアカリ  10月13日

  • 2017.10.13 Friday
  • 10:17

 

大阪は雨が降り出しました。

気温も17度とか、半袖や薄着では寒いでしょう。

 

 

黄王とキタアカリは何の名前でしょう?

どちらも「き」で始まりますが。

 

「黄王」は昨夜スーパーに出ていたみどりの

リンゴの名前です。(そのうち黄色になるのか?)

 

 

緑色といえば、「王林」(おうりん)は時々見ますが、これは

初めてです。

小ぶりで、さっぱりした酸味でシャリシャリしています。

 

私は「1日1つリンゴを食べると風邪をひかない」というのを

単純に、もっともだと思っています。(苦笑)

 

そこで、冬はなるべく毎日食べるようにしていますが、そういえば

先週は食べてなかったなと…もちろんリンゴのせいでは

ありません。

 

しかし、これからまたリンゴを食べようと、買ってきたのです。

 

「キタアカリ」は北海道のジャガイモです。

聞いたことはあったけれど、食べたことがなかったので

興味津々です。

 

形は男爵のように丸くてごつごつしています。

これはポテトサラダかな? と思い、冷凍庫のミックスベジタブルで

パパッとつくりました。

 

アツアツの時より、冷えたほうがジャガイモのおいしさというか

コクが出ておいしいような気がしました。

 

しかし、果物や野菜もネーミングが大事ですね。

この2つは食べてみたいと思わせる名前でした。

ランチはチキンブリトー  10月7日

  • 2017.10.07 Saturday
  • 13:36

 

今日は雨のち曇り。

昨夜遅くに出張から帰り、今日は午前中のんびりして

事務所に来ました。

 

地下鉄の駅から事務所への途中で、エプロン姿のかわいい

お嬢さんに声をかけられました。

 

またふらふらと、変なのに引っかからないようにという

誰かの声が聞こえそうですが…。

 

違ったのです。

 

あるカフェのセミオープンで、飲み物とパンなど各1品

無料サービスというお誘いだったのです。

 

 

それで、このチーズチキンブリトーとカフェラテをいただきました。

日頃セミナーなどで「おまけ」とか「無料」には注意してくださいと

言いながら、どこ吹く風と、かぶりつきました。

 

アツアツのチーズが溶けたブリトーはなかなかおいしかったです。

ただし、かなり時間がかかった。(苦笑)

たぶんプレオープンと称して、スタッフの実地訓練でしょうか。

 

研修で手順を学んでも、実際に現場に入ると、戸惑ったり、

うまくできないこともあるでしょうから、そのための訓練?

のような気がしました。

 

お客も、無料だし、セミオープンということもわかっているので、

時間がかかっても怒らず、のんびり構えているようです。

 

昼ごはんはサンドイッチでも買おうかと思っていたので、

思いがけずおいしいブリトーでよかったです。

 

いつも通る道にあるので、時々寄ろうと思います。

こんな野菜や果物が 9月25日

  • 2017.09.25 Monday
  • 07:42

 

大阪は真夏日のようです。

 

先日、バターピーナッツという南瓜を紹介しましたが、

またまた目についた野菜と果物。

 

表示には「坂本さんちのイタリアンナス」で和歌山産です。

手前は小ぶりの千両ナス。

較べてみるとなかなか立派なガタイ。

なるほどと思って買って帰り、ネットで調べると、青ナスの仲間のようで、

トロナス/白ナスとありました。

 

 

どうもイタリアンナスとは違うようです。

ナスの料理法はたくさんあるし、どうしようかと迷いましたが、

輪切りにしてフライパンで空焼きにしました。

 

ナスと油は相性が良いのでオリーブオイルで焼くと

美味しいのですが、ものすごく油を吸うので、今回は油なしで

こげ目がつくまで焼いて、スィートチリソースをかけて食べました。

 

トロナスの名のごとく、とろっとしていつも食べる千両ナスとは

少し違う味わい、なかなかいける。

 

「秋ナスは嫁に食わすな」ということわざは、体を冷やすという、

思いやりだという話と、姑が、美味しいからお嫁さんには

もったいないという話と

もう一つ、秋ナスは種が少ないので子種ができなくなるから

食べさせるなという話などなど。

 

どれにしろ、秋ナスは美味しいということでしょう。

 

 

もう一つ、可愛いリンゴ。

これは以前から気になっていて、ようやく求めました。

ニュジーランド産の「ジャズ」という名前。

 

写真のように、私の握りこぶしより小さなリンゴです。

酸味があって甘すぎずシャキシャキ。

 

次も買うかといえば、たぶん買わないと思います。

買うなら、今はサン津軽、そのあとはサン富士かな?

 

酸味があってほどほどの甘さで、シャキシャキしたのが好きです。

ものすごく甘くて、柔らか〜いのは苦手、これは個人の好みです。