北海道展のお弁当  10月14日

  • 2018.10.14 Sunday
  • 12:47

曇っているけれど、半袖の人も3割くらいというお天気。

 

先日も梅田のデパートで北海道展がありましたが、天王寺のデパートでも開催中で、のぞいてみました。

この前はラーメンを食べたので今日は何にしようかと迷った挙句、お弁当。

日曜の11時ということで、すごい人でした。

通路も通れないほどの盛況。あちこち行列で熱気むんむん。

 

私は札幌のお寿司屋さんの「まかない弁当」を購入。(100食限定)

 

このお弁当を、事務所でおいしくいただきました。

ご飯はすし飯で、ネタも少しずつ下味が付けてあります。

あっという間にペロリ!

 

会場では旭川市の「あさっぴー」も登場。

 

みんな、旭川に来てね〜と言ってました。

 

 

続 コロッケの中身

  • 2018.10.08 Monday
  • 12:50

今日は二十四節気の寒露ですが、昼間の気温は日差しが強く27度くらい。

それに、体育の日だった。

(私のなかでは体育の日というと10月10日なんですけどね)

 

10月2日「コロッケの中身」の続きです。

コロッケ くらしかる

これもおいしそうな少し小ぶりのコロッケです。

さて、中身は?

 

「コロッケの中身」をご覧になった方は、前回、かぼちゃと紫いもだったから、今回はカレーかさつまいもではないかと…思う? 思わない?

 

これは一昨日、天神さんに行った時に買ったコロッケです。

店頭で揚げてて、この前を通ると素通りできないコロッケなのです。

そこで中身です。

コロッケ中身 くらしかる

中身はじゃがいもで、見たところひき肉は入っていない。

ところがこれが、ジャガイモの微妙な甘さが出て、ウマイ!

 

ジャガイモが違うのかと思っているのですが、企業秘密かも?

 

味はさておき、中身は普通のじゃがいもだと知って、なーんだと思われた方もあるでしょう。

一度、想像していたものと違うものを見せられると、次は疑いを持つ。

二度目は騙されないぞ! ですかね。 

 

たまには中身を疑うという機会も必要ではないかと思いました。

 

コロッケの中身 10月2日

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 13:41

真夏のような日差しの大阪です。

午前中出かけていましたが、テレビはさぞかしノーベル賞の話題で盛り上がったのでしょうね。

昨夜の本庶先生の記者会見で、子どもたちに向けて「教科書に書いてあることを信じないこと」とおっしゃったのには、思わず膝を叩きました。

 

ここでノーベル賞とは縁遠い、写真の野菜の話。

先ほどランチを食べた店が、滋賀の野菜の直売をしていまして、この4つを買ってきました。

赤唐辛子、にんにく、生きくらげ、さてもう1つは何でしょう?

これはバターナッツというかぼちゃの1種だそうです。

 

赤唐辛子とにんにくは量が多めで迷いましたが、おいしいペペロンチーノができるかなと思いました。

それにスーパーで国産のにんにくはけっこうなお値段なので、ついつい手が出ました。

 

ペペロンチーノは、にんにくと唐辛子のスパゲッティです。(簡単、おいしい)

この4つでこれは?と思われたのは、バターナッツと写真では椎茸のようにも見える生きくらげでしょうか。

残りの2つは見ればわかる。見慣れたものに疑問を持たない。

 

では次のコロッケは?

私がわざわざ聞かなければ、ジャガイモのコロッケと思いませんか。

 

 

実はこれ、かぼちゃと紫いものコロッケです。

 

この場合、普通のコロッケだと思って、中をじゃがいもと思うことが多いでしょう。

外見と中身が違う場合もある。

コロッケ=ジャガイモではない、場合もあるということです。

 

コロッケを会社の肩書きとか、テレビによく出てる有名な人とかに置き換えるとどうでしょう。

ジャガイモだと思っていた人が、かぼちゃだったり、紫イモかもしれません。

 

このコロッケは、昨日仕事帰りに肉屋さんの前を通ったら、コロッケ祭りをしていたのです。

コロッケは4種、カレー、コーン入り、かぼちゃ、紫イモでした。

コーンは人気で売り切れ、カレーは想像がつくので、かぼちゃと紫イモを買ってきました。

結論、コロッケは、揚げたてがおいしい!!

 

 

豆のひとりごと  9月9日

  • 2018.09.09 Sunday
  • 13:08

今日は2回目の投稿です。

熊本の友人、Kさんから豆菓子が届きました。

長崎や熊本の人にとってはソウルフードらしいです。

 

一番のお勧めはこれだそうです。

 

袋の裏の文章「豆をつくりつづけて百有余年の店」 かっこいい、これにまずしびれます。

また豆がひとりごとで「ラッキーチェリー豆」という命名についてつぶやいています。

読むとほっこり。

食べ始めると止まらないので、もうありません。

今日は、「ラッキーチェリー豆」の兄弟分の「うに豆」です。

(製造元は藤田チェリー豆総本店)

“マメに暮らそう!?”

 

とろろ昆布の売り場3  8月8 日

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 11:34

猛暑から一息つけそうな気配です。

とはいえ、事務所の室温は30度で、エアコンを

つけました。

外の方が風があって涼しいかも?

 

今日はとろろこんぶ売り場第3回です。

一昨日からの話ですが、スーパーでとろろ昆布は、

昆布売り場かお茶漬け売場か、が発端です。

 

これは近所のスーパーの売り場で、他のスーパーでは

昆布売り場になっていました。

 

ここで思い出したことがあります。

以前聞いた80代の女性の話。

この地域には昔からAというスーパーがありました。

ところが数年前に、Aから数十メートルの場所に

大型スーパーBができました。

食品売り場の面積だけでAの2〜3倍くらいの広さです。

当然、品ぞろえも豊富で、珍しいものもあります。

 

ところがこの女性はBへは行きません。

Aが特別安いわけではないのですが、売り場に慣れているから

買いやすい、わかりやすいという理由でした。

Bは広すぎてどこに何があるのかわからない。

見て回るだけで疲れるのだそうです。

もしかしたら昆布売り場にとろろ昆布が置いてないかも

しれません。

 

消費者としては、選択肢は多い方が良いと思いがちです。

しかしこれは、人と場合によるということです。

 

一時話題になったシーナ・アイエンガーの『選択の科学』

(文藝春秋)ではこの選択について通称「ジャムの実験」が

されています。簡単に紹介します。

ある食品店で、ジャムの試食をしました。

6種類の試食をした客のジャム購入率は30%だったが、

24種類の試食の場合の購入は3%だったのです。

つまり選択肢が多すぎると迷って決められないことが

多いようだという結果です。

 

洋服その他、色々なことに通じる話だと思っています。

とろろ昆布からジャムの話になりました。

最後に、こぶ茶は何売り場でしょう?

(私は子どものころからこんぶ茶でなく、

 こぶ茶と呼んでいる)

 

答え、お茶売場です。

こぶ茶はお茶として飲むだけでなく、料理の隠し味の

調味料としても便利です。

 

台風13号も大きいようです。早めに備えてくださいね。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM