続 エスカレーター利用 12月3日

  • 2017.12.02 Saturday
  • 15:05

今日の大阪はそれほど寒くもなく、風もなく、良いお天気。

この天気がいつまで続くかな?

 

さて、先日のエスカレーターの続きです。

 いつも催しをしている大きな

 展示会場。

 車いすをエスカレーターにのせて

 事故があったからか、車いす

 ベビーカーはエレべーター

 への誘導。

 近くにエレバータ―があれば

 良いのですが。
 

 

 上と同じ展示会場。

 わざわざ

 「歩かないでください」

 の案内板を英語、中国語

 ハングルでつくっている。
 

 

 デパートの表示。

 駅ではないので、「歩かないで」

 より子供の事故に注意。

 
 

 若者向け商業ビル。

 ここが他と違うのは、

 長靴やサンダル、

 ロングスカートの

 巻き込みの注意!

 何件くらい事故があると

 注意書きになるの

 でしょうか。
 

 某駅と商業施設を結ぶ

 エスカレーター。

 この付近はたくさん

 エスカレーターが

 ありますが、

 すべて「禁煙」の

 赤い文字が入っています。

 

 

 

 

 

だいいたい、どのエスカレーターも直接、間接に、「歩かないで」

と表示しているようです

しかし、貼ってあるシールのように親子二人で中央に乗っていたら

後ろから人が来て、早く行けか、右に寄れと言われるか、無言の

アピールがあると思います。

 

駅の運賃や消費税の値上げだと、この日からと区切りがありますが、

このエスカレーター問題は、「エスカレーターの日」でもつくって、

この日から歩かないことに変わりました。とか大々的にアピールを

しないと変わらないのではないかと思いますが、どうでしょうか。

エスカレーターの利用法  11月30日

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 14:18

今日から1週間大阪は寒くなるとか…。

明日から師走! と思えば不思議はないけれど。

 

今日はエスカレーターの話です。

以前、大阪では右側に立ち、他の地域では左側に立つと

書いたことがあります。

 

これは、空いている方が急ぐ人で、そのために空けて

いるという前提でした。(暗黙の了解として)

 

ところがエスカレーターの表示を見ると、動かないように

と書かれているところが多いのです。

 

  地下鉄構内のエスカレーター

 

 「エスカレーターの上を

  歩かないで下さい」
 

 デパートのエスカレーター

 

 「2列に並んで」

 「立ち止まって」
 

 地下鉄のエスカレーター

 

 歩かないようにとは

 書いてないが、イラストでは

 2列に並んでいる
 

 商業施設のエスカレーター

 

 「カート類をのせない」

 「あそばない」

 「のりださない」

 「歩かない」
 

 大阪駅のエスカレーター

 

 「キャリーバッグから手を

   離さないでください」

 

 キャリーバッグについての

 注意はここだけです。

 旅行客が多いからでしょう。
 

このような表示になっています。

事故が増えているからだと思いますが、ほとんどのエスカレーターでは

片側を歩いています。

 

いつから変わったのか、もともとそうだったのか?

このギャップはいつごろ解消されるでしょうか。

外国人は戸惑うかもしれないし、慣れた者にとってはこれが当たり前で

自然に体が動く、つまり習慣を変えるのは難しい。

どこかで転機が必要ですが、事故で変わったということに

ならないようにと思います。

 

追記

偶然ですが、ネットの記事でもエスカレーターのことが

取り上げられていました。

エスカレーター、片側空けはNG? 安全、配慮、輸送効率

両側に立ったほうがよい理由

なるほどそういう視点もあるのかと思いました。