ヤマザキマリ『プリニウス』 4月17日

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 09:53

 

午前中はハレで、午後から雨が降るという予報の大阪です。

通勤客はコートなしか、スプリングコートが増えています。

昨夕、熊本の阿蘇山噴火警戒レベル2のニュースに、ドキッとしました。

昨日は3年前に本震のあった日ですから、これもめぐり合わせなのでしょうか。

 

速報だけで詳しい状況がわからず、ネットを見ていると現地の声もあり、今すぐという緊急事態ではないようでほっとしました。

しかし、YAHOOニュースのコメントに次のようなものがありました。

地震の時もだけど、GW間近のこのタイミングの災害は勘弁してほしい。
近隣観光地は風評被害が死活問題。
地震の時は、頻繁に起きる余震の中、揺れとこれからの生活に不安を抱えながらの深夜までに及ぶキャンセル処理。
もう、あんな思いはしたくない。
皆さん、情報を精査してアクションを起こして下さい。

確かに、10連休を控えたこの時期にこのニュースです。

阿蘇山の大噴火が起こらないようにという願いと共に、風評被害も起こらないようにと願い、紹介しました。

 

本日の本題のヤマザキマリ  とり・みき『プリニウス』(新潮社)ですが、先日この方の『仕事にしばられない生き方』を読んだ時に、この本のことを知りました。

プリニウスは名前を知っている程度だったけれど、どのような人だったかに興味がありました。

それにマンガなので、活字と違ってすぐ読めます。

プリニウスという人はAD23年生まれといえば、およそ2000年前の次のような人です。

私のイメージとしては「物知りおじさん」

プリニウス【Plinius】 〔Gaius P. Secundus〕 (23(24)〜79) 古代ローマの官吏・博物学者。属州総督・提督などを歴任。著書「博物誌(三七巻)」は一種の百科全書をなし、一級の知的古典とされる。大プリニウス。 大辞林第3版より

プリニウスの生涯を描くようで、私は1巻目を読み終えたところ、現在8巻まで出ているようです。

びっくりしたのは、この話はヴェスヴィオ火山の噴火から始まるのです。

 

イタリアも日本と同じ、火山と地震の多い国です。ついてにいえば温泉も多い。

プリニウスはこの本の中で「どの時代も人間が たとえどんなに高度な文明を築き上げても 自然の力に勝てたことはない…

そしてどんな神々も 自然の力に勝ることはない…」と語っています。(もちろん作者の意図で描かれていますが)

2000年たっても火山も地震も同じだなと思います。

 

プリニウスの最期はヴェスヴィオ火山の調査に行って遭難死とされていますが、この話の2巻目からどうなっていくのか楽しみにしています。

 

写真はおまけで昔ローマへ行った時のもの。柱にこだわって見ていました。

火山と地震は共通するけれど、日本は木の国、イタリアは石の国だと思います。

 

 

 

 

 

 

石黒 浩『人とは何か』  3月29日

  • 2019.03.29 Friday
  • 14:27

 

お花見には少し冷えていますが、昼休みの公園ではベンチでお弁当を食べる人、子どもを花の下で遊ばせるお母さん方などにぎわっていました。

 

昨日大阪メトロの自動翻訳機のことをちらっと書きましたが、今日の話題はロボットです。

 

もう1年たつのかと思いますが、私は昨年の4月から3か月NHKラジオ第2「こころをよむ」を担当しました。

今年の4月からは大阪大学教授の石黒先生が担当されます。石黒先生は日本のロボット研究の第一人者です。

これがテキスト。『人とは何か』アンドロイド研究から解き明かす (NHK出版)

 

 

この講座について、テキストの「はじめに」より。

 

 この講座の前半では、ぼくが関わってきたロボットやアンドロイドを紹介しながら、ロボット研究が今どこまで来ているのか、そこから「人間」について、「心」について何がわかったってきたのかをお話します。講座の後半では、コミュニケーション・ロボットやアンドロイドが普及した未来社会はどうなるのか、そしてさらにその先にある人類の未来の姿とはどういうものかについて観察していきます。といっても、技術的に細かい、専門的な話をするつもりはありません。「人の心」をテーマに、論理的に考えを掘り下げていくことを重視したいと思います。この講座を通じて、みなさんも「人の気持ちを考える」とはいったいどういうことなのかについて、今一度考えてみてください。

 

このテキストの中にはみなさんがたぶん目にされたことのあるマツコロイドとか夏目漱石、桂米朝師匠のアンドロイドも出てきます。

 

 このアンドロイドはドラえもんのような自分で判断する(プログラムされた)「自律型」と人間の遠隔操作で動く鉄人28号のような「遠隔操作型」があるそうです。マツコロイドでいろいろな実験をされていますが、遠隔操作でカウンセリングをすると、する側、受ける側にもメリットをもたらしたようです。

 確かに人間だと、自分の話したことに対して、相手がどう思うか、気になるところです。しかしアンドロイドだと、気楽に話せるかもしれないと思いました。

 

 私がHP2にアップした小説 老前整理 わくわく片付け講座 27 「柴犬と義父の家の片付け」 は、80歳を超えたひとり暮らしの義父の家には、センサーで吠える柴犬とか、話をするオウムなどなど、えさのいらない動物たちがあちこちにいて、息子の妻が心配するところから話が始まるのです。

 この話は10年前に書いたのですが、今なら動物たちはもっとリアルなロボットがよいですね。またこの中で、義父の家の中のものを片付けたいのなら、思い出話を聞いてあげ、一緒に片付けてくださいと息子夫婦にアドバイスをしています。

 

しかし息子夫婦は忙しいし、なかなかゆっくり話を聞けないのも現実です。こういう場合、やはりロボットに話し相手になってもらうのがよいのかなとも思いました。みなさんはどう思われますか。

 

石黒先生のテキストを読んでいて、人間は感情が顔に出ます。つまり「長い話だな」とか「また同じ話だな」というのが顔に出ます。けれどロボットは同じ話を何度も聞いてくれるし、嫌な顔をしない。

これも選択肢の一つとしてありかなと思いました。(もちろん人にもよるだろうと思いますが)

 

講座では「アンドロイドは意識を持てるのか」(第7回) 「ロボットは人の仕事を奪うのか」(第8回)

「ロボットは死の定義を変えるのか」(第11回) 「宗教とロボット社会」(第12回) 「心とは何か」(第12回)

など、ロボットを通して『人とは何か』について述べられています。

 

未来について、考える機会にもなると思いました。

 

ヤマザキマリ『仕事にしばられない生き方』 3月23日

  • 2019.03.23 Saturday
  • 14:24

 

くもり空の大阪です。

気が付けば選抜高校野球が始まっていました。

ミモザの花も咲いた。

 

先日読んで面白かった本がヤマザキマリ『仕事にしばられない生き方』小学館新書2018年 です。

ヤマザキマリさんは漫画『テルマエ・ロマエ』の作者です。(映画にもなりました)

この方について海外在住の『テルマエ・ロマエ』の作者ということしか知らなかったのですが、この本を読んでシングルマザーのお母さまの話、油絵を学ぶために17歳で単身イタリアフィレンツェへ行かれたことからその後の人生の浮き沈みなど、それこそ半端ない話です。


読んでいただくのが一番ですが、この中でものを買う時、老前整理にも通じると思ったことの小見出しを挙げておきます。

「とりあえず」では買わない
「みんなと同じ」をよしとしない
情報をうのみにしない
本当にそれが欲しいのか

 

一番印象に残ったのが「潮目が変わる時を見逃さない」の項で下に引用します。

 

前略

潮目が変わる時って、自分のことを俯瞰して、客観的に見ることができるんだと思うんですよ。
好きなことに打ち込んでいると、どうしても視野が狭くなって、自分、自分って、自分のことしか考えられなくなるけれど、今の自分にしがみついていることだけがすべてじゃないってことが、いろんなきっかけで見えてくる。
たとえば、家族の都合でどこかに引っ越すことになったり、勤めていた会社が倒産したり、いいこと、悪いこと、人によっていろんなきっかけがあると思うのですが、自分の意志とか努力とは違う、そういう偶然の成り行きみたいなことを、もしかしたら転機というのかもしれません。
「え、なんで、今、そうなるの?」っていう、神様のおはからいみたいなことが起きる。
そういう潮目が変わる瞬間っていうのを、見逃さないっていうのも大事だと思うのです。いくら好きなことだからといって、うまくいかないことを、いつまでもずるずるやり続けるんじゃなくて、向こうから新しい波が来たなと思ったら、それまでの気持ちを切り替えて、パッと乗ってみる。
中略
別に、これまで大切にしてきたものを捨てるわけじゃない。
こだわっていたものを思い切って手放してみると、それまで見えていなかったもの、見ようとしていなかったものが見えてくる。逆に言えば、好きなことに闇雲にしがみついていることが、次のステージに進むことを阻んでいることだってあるんだと思います。

 

「潮目が変わる」のをよめるかどうかで人生が変わる場合も多いと思います。つまり切り替えることができるかどうかです。

今、転機にある方にはもしかしたら参考になるかもしれないと思いました。

 

また「仕事にこだわらない生き方」というのも同じだと思います。

「仕事にこだわらない生き方」を書いた本はほかにもあると思いますが、この本ではそれだけでなく、理想だけでは生きていけない、お金が無くなるとどうなるかというドン底についての経験も書かれているところに重みがあります。

私も自分の「潮目の変化」を見極めたいと思っています。

 

お知らせ 小説 老前整理 わくわく片付け講座 30 スピンオフ ローゼン整理 をHP2にアップしました。

 

これで小説 老前整理も最終回です。ふぅー終わった。

 

 

 

同じ本を2冊買うのはなぜか  3月11日

  • 2019.03.11 Monday
  • 10:10

 

雨もようやく上がった大阪です。大相撲も春場所が始まりました。

 

今日は本の話。

本も今では電子書籍と紙の本と選択肢が増え、紙の本を読む人は減っているのだなと思います。

確かに紙の本は場所を取る、大きい本は持ち歩きが大変などなど理由はあるでしょう。

しかし私はなかなか紙の本から離れられません。

 

2019年3月10日付の読売新聞 「人生案内」で本の内容をすぐに忘れるという70代男性のお悩みの答えを紹介します

作家の出久根達郎氏が「小説の筋を忘れるだけでしたら、心配はいらないと思います。私もよく忘れて、同じ小説を2冊、3冊と買うことがしょっちゅうです。ずいぶんたって気が付きます。あなたは書き出し部分で再読と知るのですから、まだよろしい」と書いておられて、そうだそうだとひとりごとを言っておりました。

 

信じられないという方もおられるでしょうが、そんなものだと思っています。

この点について、くらしかる HP1 「もの別これを片付けたい」  にも書いていますので、興味をお持ちの方はご覧ください。

 

今日この話題を取り上げたのは、私もこりずに同じ本を2冊買った話です。

アマンダ・リプリー『生き残る判断 生き残れない行動』岡真知子訳

出版は単行本ー光文社、文庫本ーちくま文庫です。 

 

 

私が本を買う場合3つのパターンがあり、仕事で原稿を書くための知識として必要に迫られて買う本、必要というより仕事の関係で読んでおいた方がよいかなと思う本、趣味で読む本があります。

 

必要に迫られる場合は、すぐ読みます。ラジオ講座のための行動経済学の本などはこれに当たります。

趣味の本は小説や先日読み終えた『消えたベラスケス』のような興味のある分野の本。

 

最後の必要というより読んでおいた方が、という消極的理由の本は、ほとんど専門書で書店に行った時に目につくというか、

目次や著者、内容をぱらぱらっと見て、ぴぴぴと私のアンテナに引っかかった本です。分野は色々。

 

そういう本が10冊以上未読で積んであります。

この単行本もその中の1冊でした。

ピピピのひらめきだけで買ってくるので、タイトルもほぼ覚えていないし、未読なので内容もほぼわからない。

買ったことも忘れているので、また書店の新刊文庫の棚でこの本を見ると、ピピピと反応して買ってしまったわけです。

(無意識のピピピの反応がいかに正確か、ともとれるし、気になっている=こだわりは変わらないという風にも取れます)

 

たぶんこれは「わかる」という方と「信じられない」の2つに分かれるでしょう。

もったいないし、ばかだなあと思うのですがこの病は治りそうもないです。

 

ピピピで本を買うのは、その時を逃すと買えなくなるというか、たくさんの本が出版されるので、よほどのベストセラーでない限り、書店に並んでいるのはわずかの間です。

書名を控えておいてネットで買えばよいという意見もあると思いますが、私は買える本は書店で中身を見て買いたいと思っています。またそういう本との出会いを大切にしたいと思っています。

当分新しい本を買わずに、未読の本を読むとしましょう。

 

今回この本を見て、先延ばしにしていたけれど、読みなさい!! ということなのだと思っています。

3月11日の今日から読み始めます。

 

お知らせ 小説 老前整理 わくわく片付け講座 20 サポーター殺人事件(4)をHP2にアップしました。

 

 

天神さんの古本まつり 10月6日

  • 2018.10.06 Saturday
  • 14:06

今日は暑くて夏日、半袖です。時々突風が吹きます。

 

お天気が良かったので「天神さんの古本まつり」(9日まで)に行ってきました。

 

こんな感じでたくさんの本が並んでいます。

 

古本市に足を向けるようになったのは、色彩関係の仕事をしていた時に、本を探すことがきっかけでした。

色彩関係の本は専門書なので、発行部数が極端に少なく、書店の棚には並びにくいのです。

当時はアマゾンで本を買う時代ではありませんでした。

 

そこで、まめに古書店や古本市で色彩関係の本を探し、見つけたらその時に買わないと、次にその本に出会えることはできない状況でした。

(ある意味宝さがしみたいなもので、古書店めぐりが楽しみにもなった)

集めた山のような色彩関係の本は、2年前に7割くらいを古書店に引き取ってもらいました。

 

しかし、古本市通いは続いています。

今は、なるべく買わないようにしていますが…。

 

今日買ったのは、龍谷大学 文学部講義 ミニ講義『分けると、分かる』

これは「分ける」と「分かる」の違いに興味があったからです。

ものを手放すにはまず仕分け、つまり「分ける」ことが必要なので、知りたいと思いました。

 

ライアル・ワトソン『シークレット・ライフ』も副題が「物たちの秘められた生活」で「物」との関係がどのようにとらえられているのかと思いました。

 

高橋みどり『おいしいヒミツ』は5人の料理家に聞く本で、料理は少ないけれど、味わい深そうなので。

 

やっぱり、本が好きなんだと思います。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM