駅の宅配ボックス  4月9日

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 10:58

 

今日は青空で、雲がいつもより低く広がっているように感じました。

そろそろ紫外線対策の、帽子か日傘の季節です。

 

今朝、出勤時に駅の改札を出ると、見慣れない白い箱がありました。

新しいコインロッカーかと思って近寄ると、宅配ボックスでした。

話題になっていましたが、見るのは初めてです。

 

 

仕事で留守が多く、荷物の受け取りに苦労している人には便利かもしれません。

これからコインロッカーと同じように、駅の改札前にあるのが当たり前になるかもです。

コインロッカーに、ATMやコンビニもあるし、そのうち駅の改札周りでもっといろいろなことが

済ませられるようになるかもしれません。

 

日に日に変わっていくなと思います。

 

こうしてあれこれ目の前の変化を書いていると、あとから見直して、宅配ボックスはいつ頃現れたとか、記録として面白いかもしれないと思いました。

 

 

 

理髪店のサインポール  4月2日

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 10:38

 

昨日から寒くなりました。昨夕は、突然大雨が降り、大きな雷がドドーンとなって、こういうのを春雷というのかと、事務所の窓から空を見上げていました。

 

本日のお題は理髪店のサインポール。

ビルの1階の庇の上に、かろうじてくっついています。

 

 

床屋さんとか、理髪店というのも、理容店になっているみたいですし、男性も美容院に行く人が増えていますし、線引きも難しくなっている気がします。

 

たまたまこの3色ポールを見て、これだけは続いているのかと思いました。

以前はスタンド式で、この3色が回っていましたが、最近あまり見かけません。(ご近所では)

名前がわからなくて検索すると、サインポールと出てきました。

 

これも昭和の遺物かと思ったのですが、このサインポールは世界共通で、日本でいつごろからあるのかは不明のようです。

世界共通なら、外国の人にもわかりやすいかなと思ったりします。

 

このサインの赤は動脈、青は静脈を表しているというのを聞いたことがあります。

もう何十年も前に、NHKの外国ドラマ「ドクタークィン」(アメリカの西部開拓時代に医師を志した女性の物語)で、町の床屋さんが歯を抜いたり、傷を切開したり、外科の医者の代わりをしていたのを見て、この赤と青に納得した覚えがあります。

ちなみにドクタークィンはこの床屋さんに嫌がらせを受けます。医師であること、そのうえ女性で、床屋さんの仕事を取られるからです。さて今の時代はどうでしょうか。

 

 

そういえば昨日、新元号が発表されて、今月は「平成最後の〇○」が増えるのでしょうね。

これも行動経済学のアンカリングなのだなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の銭湯と今の銭湯 2月20日

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 11:32

 

大阪は今日昼間5度くらい気温が上がって、夕方から下がり1日の気温の変動が大きい1日のようです。

 

この富士山の写真を見ると、銭湯が浮かぶ方が多い? それとも浮かばない?

銭湯(今では少なくなっている)の大浴槽の壁にはこのような富士山の絵が多かったような気がします。

これは梅田スカイビル滝見小路の女性用トイレの壁。

床の花柄モザイクタイルも昭和の香り。昔はこんな小さなタイルが張ってありました。

 

 

化粧直しの鏡の下には、ロッカー。

ここに衣類を入れる。全部木製だったのですね。(これは記憶があいまい)

 

 

下駄箱。これは覚えがあります。鍵も木の札で掛けます。

(そういえば居酒屋でこういう下駄箱を使っている所がありました)

ここでの下駄箱は形だけです。靴は脱がない。

 

 

トイレの表示、ピクトグラムもこんな感じ。

 

 

ところで今の話、大阪市内で現在営業している古い銭湯は大変そうです。(家風呂が増え、入浴者が減っているから)

かといってなくなると、通っているお年寄りや住民などが困ります。

 

銭湯はご近所、つまり歩いて、もしくは自転車で通える距離が基本です。

昔なら、A銭湯が休みなら少し遠いけどB銭湯に行こうとか、数が多かったので選択肢がありました。

しかし廃業するところが増えて、1つの銭湯がなくなると、隣の町とか、バスに乗って銭湯に行かなければなくなります。

これでは毎日通うのがおっくうになるし衛生面でも大問題。

 

以前も紹介しましたが、銭湯もこのようなことをして入浴者を増やす努力をしておられます。

 

 

私も時々銭湯に行きます。

今の銭湯は、サウナやジェットバス、アロマの湯があったり、昔と変わっています。

たまには温泉気分でいかがでしょう。

 

お知らせ 小説 老前整理  わくわく片付け講座 13 37回の引っ越し 

                        14 きっかけはぎっくり腰

                        15 他人のことはほっとけ       HP2にアップしました。

 

 

大型水槽だと思ったら  1月31日

  • 2019.01.31 Thursday
  • 11:45

 

朝から薄曇りでしたが、パラパラと雨が降ってきました。

本日は久しぶりに本降りの雨の予報で、折り畳みでない、しっかりした傘を持って行ってくださいというお天気キャスターさんのアドバイス。

空気が乾燥していますから、ちょうど良いのかもしれません。

 

今日も、神戸の話ですが、ハーバーランドへの地下道を歩いていたら遠くにこのような大型水槽が見えました。

こんなところにも水族館並みの水槽があるのかと思いました。

4,5歳の男の子が画面の下で、お母さんに説明している姿もありました。

 

 

 

近寄ってみると映像でした。

亀が気持ちよさそうに泳いでいますし、本当に生きているように動いています。

今さら、と言われそうですが、ここまで来ているのだなと思いました。

そういえば、プロジェクションマッピングも画面が変わっていくし…。

使い古した昭和の頭ですから、理解しようとは思いませんが、状況把握は大切かと。(意味不明になってきた)

これが3次元になると、海の中で亀と泳ぐ体験になるのかしらと思ったり。

 

本物の水族館との関係は? と私が余計なことを考えなくても、よいですね。

 

 

クールな消火栓 1月30日

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 14:08

 

気温10℃は変わらなくても、日差しが明るいと気分が違います。

晴れた大阪。

 

先日神戸に行った時に見た消火栓です。

ステキ! と思わず見とれました。わかりやすいし、何だか楽しい。

(いたずらされないかという不安はさておき)

 

 

この近くにある消火栓はこうなっています。

これが普通、壁になじんで、目立たないように設置されています。

 

 

近くの施設では消火器もこのようになっていました。

 

 

JR神戸駅前には1991年に設置された防火水槽。

 

 

最後は駅の構内にある「やすらぎの泉」

この水呑み器は昭和5年から60年余り、神戸駅のコンコースに設置されていたそうです。

そういえば、むか〜し、こんなのを公園で見たことあります。

 

 

偶然、水に関わるものばかりでした。

ついでに今日は水曜日!

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM