くらしかる 老前整理 blog

暮らしを軽くする、暮らしを考える
日々の暮らしにまつわることを少しずつ
京からかみ  8月2日
0

    なんだか水の足りないサウナに入っているような

    大阪です。

    「からだによくない」ということだけは実感してます。

    火星大接近(7月31日)で毎夜空を見上げてますが

    一昨日は月さえ見えず、昨夜は月は見えたけれど…火星は

    わからず。

     

    昨日、籠目模様について書きましたが、今日も日本の文様

    の続編です。

    私は長年インテリアの仕事をしていましたので、資料が

    残っています。

    これは京からかみの見本帳というか古い本です。

    からかみといってもなじみが薄いかもしれませんが、

    襖(ふすま)に貼る紙のことです。

    (昭和48年発行 千田長次郎著)

    157枚のからかみが紹介されていますが、この中で雲を

    取り上げてみました。

     

    向かって左が「鬼雲」、右が「雲(小)」

    左が「霞雲」(かすみぐも)、右が「大頭雲」(だいとうぐも)

    これはどちらも「朽木雲」(くちきぐも)

    名前の付け方やデザインを見ていくと楽しいです。

    和室というと1パターンのように思われるかもしれませんが、

    注文住宅では襖紙や畳の縁の模様を選ぶのも

    インテリアコーディネーターの仕事でした。

     

    今のマンションは畳の部屋もないところが多いようで

    襖も減りましたね。

    案外、外国人や若い人が面白いと思うかもしれません。

    今日はからかみの紹介でした。

    明日は何を紹介しようかと模索中。

     

    | 講演、仕事関係 | 15:29 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    食器棚―地震対策―小さなこと  6月23日
    0

      今日はくもりで、時々小雨パラパラ。

       

      今回の地震で、幸いなことに自宅も事務所も無事でした。

       

      事務所は大阪市中央区ですから、自宅よりも震源地に近く、

      揺れたと思います。(不在だったので不明)

       

      事務所の普段使わない食器を入れている食器棚には、

      写真のように、取っ手を樹脂のようなもので固定して

      いました。(以前から)

      揺れて、扉があくと食器が飛び出すからです。

       

       

       

      いろいろ試して、これが一番ぴったり納まった。

      見栄えはよくありませんが、ご覧のように中の器は

      割れませんでした。

       

      できれば食器棚の扉は引違い扉が望ましいのです。

      (扉が手前に開くのでなく、横にすべらせる)

      阪神淡路大震災を経験した時に、よくわかりました。

       

      まだ余震があるかもしれません。

      もしこのような作りの食器棚なら、使わないときは

      何かで取っ手を固定しておかれるのが良いと思います。

       

      とはいえ、食器棚が倒れてはどうしようもないので、

      食器棚自体が倒れないような金具をつけるとか、

      突っ張り棒など、できる範囲でやっておくほうが

      安全、安心だと思います。


      これはもちろんタンスや本棚などの家具が倒れないように

      しておくのと同様です。

       

      阪神淡路大震災の時に、マンションの上階で食器が

      壊れた友人たちは口をそろえて、いい食器ばかりが

      割れた、どうでもよいのに限って残ったと嘆いて

      いました。

       

      今日は経験談でした。

       

      | 講演、仕事関係 | 09:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      エレベーターの災害対策用備蓄品ボックス  6月22日
      0

        今日の大阪は、梅雨の晴れ間で、30度を超える夏日。

        この度の地震で避難しておられる方、家の片づけを

        しておられる方は熱中症にならないように、

        こまめに水分補給をしてください。

         

        この薄型の箱は、某ビルの大型エレベーター内

        [災害対策用備蓄品BOX]

         

        赤いシールは

        [緊急時以外使用禁止]とあります。

         

        この写真は5月に撮りましたが、中に何が入っているのかと

        思いつつ、降りました。

         

        水、飴、乾パン、チョコレート、カロリーメイト…私なら

        何を入れるかと考え、室内の温度変化もあるので、

        水と乾パンかカロリーメイトが無難だろうかと妄想。

         

         

        今回の地震でも、エレベーターが止まったり、

        閉じ込められた人がありました。

        そんなときに、救出を待つ間、このBOXを開けると、

        ペットボトルの水があれば、気持ちが落ち着くのでは

        ないでしょうか。

         

        もし自分がエレベーターに閉じ込められたら…と考えて

        マンションなどでも、小さな箱に水を1,2本入れて

        おくだけでも違うのではないかと思います。

        (住人に相談し、告知しておくこと)

        このアイデアどうでしょう?

         

         

        | 講演、仕事関係 | 10:40 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
        トイレットペーパー1か月分  6月21日
        0

          雨が上がり、夏至の蒸し暑い大阪です。

           

          近畿だけでなく、九州、四国なども大雨が降ったようです。

           

           

          この写真は何かおわかりでしょう。

          トイレットペーパーの芯です。

           

          老前整理の講演で私は毎回、

          「お宅で1か月に使うトイレットペーパーは何ロールですか」

          と尋ねます。

          1000人以上の方にこの問いをしましたが、答えられたのは

          3人です。

           

          それくらい、意識しておられないのです。

          補充はどうしているかといえば、スーパーの安売りのときに

          買っておくのだそうです。

           

          経産省では1か月分のトイレットペーパーの備蓄を進めています。

          理由は、地震が起こった時に被災地はもちろん、生産地

          (静岡など)が被災した場合、供給がストップするからです。

          (東海地震を想定)

           

          食料や水は家庭の備蓄、自治体の備蓄である程度何とか

          なりそうですが、トイレットペーパーは難しいのです。

           

          ところが1か月分のトイレットペーパーの使用量を

          知らない人が多いことに驚きました。

           

          また水は1人1日3リットルとか、目安がありますが、

          トイレットペーパー何ロールと決めるのは難しいのです。

           

          なぜか?

          まず男女の使用量の違い、家族の人数、在宅時間。

          シングルとダブルではm数が違う、巻きmも60mもあれば

          長巻100mもあります。

          だから1か月○ロールとなかなか分かりにくいのです。

          だから、老前整理では1週間の使用量を確認して×4で

          1か月分の備蓄の目安にしてくださいと話しています。

           

          備蓄は、たくさんありすぎても無駄になります。

          足りなければ、いざという時に困ります。

          つまり管理が重要。これは老前整理に含まれます。

           

          昨夜スーパーに行くと、水やお茶の2リットルの

          ペットボトルの売り場に、

          「地震の影響で品不足が生じています、おひとり3本まで

          とさせていただきます」と張り紙がありました。

           

          日頃の備えが大切です。

          水や食品はまず頭に浮かぶと思いますが、

          トイレットペーパーのチェックもしておいてください。

           

           

          また介護用品ですが、断水などのときに、

          ウエットティッシュ、ドライシャンプーはもちろん、

          「からだふき」や「清拭料」「歯みがきティシュ」も

          出ています。

           

          大阪では余震の不安を抱えていますが、日本のどこで、

          いつ地震が起こっても不思議はないと思います。

          他人ごとでなく、備えておいてください。

           

           

          | 講演、仕事関係 | 11:05 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
          書類の処分  6月15日
          0

            今日は朝から小雨。

             

            昨日は書類の整理について書きました。

            今日は続きになりますが、処分の仕方も難しく

            なっています。

             

             

            写真は歩道にごみとして出されていたものです。

            これらの書類の中身はわかりませんが、顧客の情報などが

            書いてないか、事前に確認しておくことが必要です。

            かといって、すべてシュレッダーにかけるのも手間が

            かかります

            家庭のゴミと同じで、シュレッダーにかけるものと、

            そのまま捨ててもよいものと、仕分けが必要です。

             

            大量の書類を扱う企業ではこのようなことはすでに、

            処理方法が確立されているでしょう。

             

            またシュレッダーくらいでは不適切な、企業の機密書類は、

            紙を溶解処理してくれるサービスもあります。

            ということは、書類の処分にお金がかかります。

            しかし、その費用を惜しんで、組織の信用を失くす可能性も

            考えておいたほうがよいでしょう。

             

            これからはごみを処分するのにお金がかかる時代です。

            書類を整理して、処分するにも、要注意です。

            まずは、なんでも溜め込まないようにしましょう。

            (自戒を込めて)

             

             

            | 講演、仕事関係 | 10:06 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
            • 1/4PAGES
            • >>