毒マムシ 10月23日

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 12:59

家を出るときは雨、事務所につくとくもりという、降水確率30%の大阪です。

 

久しぶりのFさんの熊本便り。(感謝)

この前、毒ガエルを紹介しましたが、今日は毒マムシです。

三太夫さんではありません。

 

以前紹介した、マムシに似ているマムシグサ。

 

こちらが、マムシグサの実だそうです。

毒があるそうで、毒マムシ! なのだ。

1枚目の写真の草が2枚目になると想像できます?

びっくりですよね。

 

しかし毒ガエルもそうですが、毒のあるものは鮮やかな色をしているものが多いですね。

人間や動物に対する警告なのか、そんなことを考えるのは人間の傲慢で、自ら好きな色をまとっているだけか?

 

熊本の紅葉も今、これくらいだそうです。

小さい秋見つけた〜♪

 

毒がえる 10月19日

  • 2018.10.19 Friday
  • 10:39

晴れていますが、午後から崩れるもよう。

 

もう使うこともありませんが、事務所に毒ガエルがおります。

(カエルなどが嫌いな方はここまでで、閉じてくださいね)

 

毒というと、ミステリーの香りがします?

 

 

色も柄もバラエティに富んでいます。

よくできているでしょう。樹脂で、固いです。

 

 

これは色彩を教えていた時の教材です。

テキストでは「動物の色」ということで、この毒ガエルの写真(本物)が紹介されていました。

 

毒を持っているカエルは、こんな派手な色をしていると、一目瞭然なので授業で使っていました。

(印象に残るし眠っている人も起きる!)

 

捨てるのもかわいそうな気がして、ずっと箱の中で眠っていました。

そろそろ逃がしてやろうかなと思っています。

 

 

カブトムシを強くしたい! 10月9日

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 10:35

今日も暑そうです。夜は冷えるらしいので、着るもので調節を!

ついでに今夜は新月、大潮です。

 

今日のお題の「カブトムシを強くしたい!」は昨日のNHKラジオの「先生と語ろう!子ども科学電話相談 特別編」での質問。

https://www.nhk.or.jp/radiosp/kodomoqsp/

 

小学生の男の子が「カブトムシを強くしたいがどうすればよいか」でした。

(家事をしながらの、ながら聞きですから、アバウトな話です)

 

 この質問に進行役のアナウンサーも答える先生も、はじめはカブトムシ同士を戦わせて勝ちたい、強くしたいという風に理解されたようで、回答は、カブトムシにとって強い=大きさにつながるからと、エサの話をされました。

 

そのあとわかったのですが、彼は「他のカブトムシにいじめられる弱いカブトムシを強くしてあげたかった」のです。

 

すると先生の答えは「他のカブトムシから隔離しなさい」でした。

 

エサをどうするかという話と、隔離するのは全く違う話です。

 

案外、こういうことはよくあるのかもしれない。

家庭で子どもが何か言った時に最後まで聞かずに、親は勝手に勘違いして、違う答えを返しているかもしれない。

 

私の仕事でいえば、相手の質問の意味を理解できずに、見当違いなことを応えているかもしれない。

改めて、相手の話を「聞く」ことは難しいと思いました。

 

カブトムシといえば兜です。(こじつけ感あり)

これは先月訪れた彦根博物館の「井伊の赤備え」という藩主井伊家の兜だそうです。(撮影可)

やっぱり大きな角があると大きく見えて、強そうに見えます。

井伊の赤備え 兜 くらしかる

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM