花時計 10月17日

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 10:23

今日はスカッと良いお天気です。

この気候が続いてくれれば、過ごしやすいのですが。

 

昨日、商工会議所の前を通ったら、花時計に気が付きました。

 

何度も通っているのに、気が付かなかった? その時は花が枯れていた?

どっちにしろ、今回は花咲く花時計です。

 

今はこのような針が動く時計自体が、減っているのでしょう。
ビルの壁面の時計もあまり見なくなったし、神戸には有名な花時計があったと思いますけど、それ以外で最近見かけたことありますか。

もしかしたら、希少価値があるかも? そのうち、突然人気が出たりして…。

 

時計だけなら設置できるけれど、花時計は季節ごとに植え替えが必要です。(たぶん)

人手不足の昨今、それも難しくなっているのかもしれません。

なんてことを考えました。

 

 

ご近所の花園  10月15日

  • 2018.10.15 Monday
  • 10:42

10月も半ばになりました。

晴れてもいないし、どんよりほど曇ってもいない、中途半端なお天気です。

 

台風も過ぎ、ご近所の花園も落ち着いてきたようです。

存在感あり。

 

花びらの重なり具合が微妙で美しい。

 

 

 

 

 

 

最後は駅の階段のところの、誰かが落とした(であろう?)バラの花です。

踏まれてはかわいそうと思ったのか? 

誰かがこうして手すりのところに置いてあげている(ようだ)。

 

落とした人はどこかで気づいて、がっくりきているかもしれない。

もしくは何人かに差し上げる人数分の花だったのに、一人分足りなくなってパニックとか…。

ふと浮かんだコトバ。(歌)
「花はどこへ行った」

このコトバに反応する人は、どれくらいおられるのでしょう?

いつもの妄想でした。

 

 

洗濯日和  10月3日

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 10:33

今朝の天気予報で、明日から4-5日、天気が崩れるので洗濯は今日がおすすめとのことでした。

もちろん、済ませてきました。

 

ご近所の花園も少しずつ花を咲かせています。

最近あまり見なかったツユクサが1輪咲いてました。


いつもこれは実なのか、花なのかと思いつつ・・・。

 

白い花

 

色違いのピンクもあるよ。

 

せっかく咲いてますが、また台風が来るのでしょうか。

まだ停電しているところもあるというのに。

 

年末の、今年の一文字は災かもしれません。

ノーベル賞のニュースというより、このような素晴らしい先生が日本におられることが救いのような気がします。

 

 

墓参り  9月24日

  • 2018.09.24 Monday
  • 14:03

蒸し暑いくもり空です。

連休の3日目ですが、いかがお過ごしでしょう。

私は午前中に墓参りに行ってきました。

 

お彼岸といえば彼岸花で、墓所の近くには昨日の公園とはけた違いで、迫力がありました。

緑の茎に赤だから、補色で余計赤さが際立つのでしょう。

強い赤と違い、黄色もやさしくてよいですが、どちらかというと百合のイメージに近い気がします。

 

かぼちゃの花に似ている気がするけど違うかな?

 

ひっそり咲いてます。

 

遠目で見ると、カンナかと思ったけれど、違いますね。

 

墓参りにはこのような花に出会える楽しみもあります。

子どものころから、春、秋のお彼岸とお盆には墓参りをするのが当たり前だったので、行かないとなんだか落ち着かないです。

 

墓の下の人に近況報告をする感じでしょうか。

たぶん気持ちの問題なのだと思いますが、私は大切にしたいと思っています。

 

曼珠沙華  9月23日

  • 2018.09.23 Sunday
  • 12:58

大阪は晴れて、暑いくらいです。

昨夜の月はきれいでした。

そして今日は秋分の日、お彼岸の中日。

 

毎年感心するのは、彼岸花、別名曼珠沙華はきっちりお彼岸に咲くことです。

呼名でいえば、曼珠沙華の漢字が花のつくりの複雑さのイメージに合うと思います。

 

ということで公園の曼珠沙華を撮ろうとしたら〜。

こんなことになっていました。

どうやら公園の外から見えない側の花を切り取ったようです。

手前の方が茎だけになっている。

こちらの方がわかりやすい?

 

 

ここだけはは全部残ってました。

切り花用に刈って持って帰ったのかしら?

曼珠沙華は美しい花だけれど、昔から縁起が良くない花と言われてるのを知っているのかなと思ったりして…。(ひとりごとでした)


ところで今朝NHKラジオを聞いていたら、糠漬けの話に思わず聞き入りました。(我家には糠床がある)

漬ける素材は何でもよい…といろいろ名前が挙がって、その中に山芋がありました。

先日スーパーで珍しくリーズナブルな山芋を1本見つけて買ったものの、日持ちがするから放置していました。

山芋といってもげんこつのようなごつごつした丸いのや、野球のグローブのようなのや、人間の腕のようなのといろいろあって、(地域にもよるらしいが詳しくは知らない)今回は腕のような山芋もしくは長芋の話です。

すってとろろにして、ご飯の上にマグロを載せてその上にかけようかとか、居酒屋で定番の、そのまま拍子木に切って鰹節とお醤油を垂らすのも簡単だし。

すりおろしてパンケーキみたいに焼くのはどうだろうかと、考えるだけだったのですが、今朝の糠漬けにしてもおいしいという話で、さっそく、3分の一ほどを切って漬けてみました。

そういえば信州の方に行った時に、宿の食事で山芋の甘酢漬けが出て、美味しかった記憶があるのですが、糠漬けにするとどうなるのでしょう。

ということで、山芋の糠漬け、お奨めできるようなら報告しましょう。

何も書かなければ、イマイチだったということです。

花より団子で食欲の秋。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM