色のイメージ2  5月23日 

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 11:39

雨のウエンズディ。

 

昨日の続きの、色のイメージの話の2回目です。

ここでまず3枚の写真を見てもらいます。

 

これはバブルの時代に、某大学のエクステンション講座で

カラーーディネートを教えていたころのパネルです。

 

ワークショップをしました。学生に読んでいる雑誌を持って

きてもらい、5人の1組のグループで、各組がテーマの色を

決めて、雑誌からその色の写真を切り取ってA3の画用紙に

貼って男女の学生が作りました。

 

 これがピンクの

 イメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 青のイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 赤のイメージ
 

 

このパネルを見ながら、どんな言葉が思い浮かぶか挙げて、

グループごとに皆の前でプレゼンテーションをします。

 

 

これだけでも色のイメージの違いがわかると思います。

続きはまた明日。

 

色のイメージ 1  5月22日

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 12:31

大阪は晴れて28度という天気予報、暑くなりそうです。

 

先日、謝罪に行く時にピンクのネクタイをして行った

某アメフト監督のこと。

 

タックルの問題はとんでもないと思いますが、その話は私が

あれこれ言うことではないので横に置いといて、ピンクの

ネクタイに非難が多いので、この件についてです

 

タレントが謝罪の会見をする時に紺のスーツで紺など地味な

ネクタイなのも、着ているもので非難されないような配慮なの

ですね。

今さらと思われるかもしれませんが、謝罪するときには

それなりの服装をすること、が暗黙の了解。

 

それをピンクのネクタイとは!! ふざけるなという声。

この方をかばうつもりは全くありませんが、このピンクは

運動競技用のスクールラー(箱根駅伝のタスキの色)

という情報を知って、この人にとっては学校のネクタイを

しめてきたという話、かもしれません。

スクールカラーが黄色や青だったらどうだったのかと

考えたりもします。

 

運動競技用とはいえ、スクールカラーがピンクというのも

珍しいなと思いました。

現在は関わりがないのでわかりませんが、私がカラーの仕事を

していたバブルの時に企業のCIカラーなどは、赤と青が

多かった。(青には紺が含まれる)

これは日本人の好きな色だからです。

 

私の記憶では当時、ピンクを使っていた大企業は女性の

下着メーカーでした。

 

色のイメージは文化やによってもとらえ方が違います。

長くなったので、続きは明日。

ついでに、事務所にいるピンクの豚の貯金箱を紹介。

 


 

 

工事現場の落書きと防犯カメラ  5月21日

  • 2018.05.21 Monday
  • 11:31

今日は24節気のひとつ小満(しょうまん)で、晴れています。

手元のカレンダーによると、輝く太陽の光を浴びて、あらゆる

生命がすくすくと成長していく季節だそうです。

 

5月3日に工事現場の落書きについて書きましたが。

気を付けてみると、防犯カメラをつけている現場も増えている

ようです。

 

 カメラがどこにあるかは

 わかりませんが。

 落書きなし。
 

 

 落書き防止だけでなく

 資材の盗難とか

 荒らされることがある

 のかもしれません。

 ここも落書きなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人通りもあり、ここの広い現場は

 大きな道路面しています。

 落書きもなく白い壁です。

 今は、ドライブレコーダー搭載の

 車も多い、ということを計算して

 いるのか、していないのか…。

 

 

 

 いっそこの渋谷の現場のように、

 漫画を描くとか、美大の学生に

 絵を描いてもらうのはどうか

 思います。

 どちらにしろ、お金がかかるのが

 問題なのでしょうね。

 

 



 

ご近所の花園     5月20日

  • 2018.05.20 Sunday
  • 14:36

今日はの大阪は晴れ。24度ということですが、もう少し高い

ような気がします。

 

 蘭の花もいろいろありますねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 シャクナゲとも違うようで…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このカラーの色が

 変わっています。

 見慣れないものを見ると、

 なんとなく違和感を感じるのは

 なぜだろう?
 

 

 これはカシワバアジサイ

柏葉紫陽花)

 

 葉が柏の葉のようだからでしょう。

 

 アジサイといわれたら、そういえば

 という感じです。

 

 あちこちで紫陽花も咲き

 始めています。


 

伝え方いろいろ  5月19日

  • 2018.05.19 Saturday
  • 14:33

昨夜はよく降りましたが、朝から少しずつ回復し、午後には

日が照っていますが、風があります。

日傘が飛ばされそうになるくらいでした。

 

最近、同じことでも伝え方で違うのだなと思った話。

 

 これはあるマンションの貼紙。

 よくあるパターン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 公園の看板。

 これもよく

 あります。
 

 

 

 

 これを見て、は? と

 立ち止まる。

 で、クククと笑う。

 「うん、そうだ!」

 

 事務所の近くは、マンションで

 小型犬飼っている人が多い

 みたいです。

 仕事帰りでも、毎日数この

 あたりで犬を散歩している人

 に出合います。

 

 その中のマナーの悪い人向けの

 メッセージでしょう。

 

 

 

 

 

 前の2つに比べて効果のほどは

 分かりませんが、この発想は

 なかなかのものだと思います。

 

 目を引く黄色のテープに、

 雨でぬれても良い木札に

 ただひとこと、「うんこ×」

 と赤のマジックで

 書いてある。

 

 伝え方としては、一番の

 インパクトです。

 脱帽。
 

ガチャポンは日本土産!?  5月18日

  • 2018.05.18 Friday
  • 11:12

今日はどよんとしたくもり空。霧が出ているところもあるようで

湿度は70%を超えるとか、明日は一転、気温が急降下らしいです。

体調管理も大変だ。

 

 

先日、地下鉄日本橋駅(にっぽんばしは大阪、東京は、にほんばしと呼ぶ)

の横を通った時にこのガチャポンを見付けました。

(私はずっとガチャポンと呼んでいる)

ここは電気屋街と黒門市場という外国人の観光客に人気のある場所の

近くの駅です。

 

 ガチャポンがいくつあるか、

 思わず数えました。

 いくつあると思いますか。

 

 答え―54です。
 

 

 利用説明が、英語、中国語で

 書いてあります。

 

 よくある缶バッジや食べものの

 キーホルダー、などの他に、

 仏像だとか、外国人に日本の

 定番と思われている富士山、

 相撲、芸者の小物、北斎の絵

 など、色々ありました。
 

 

な〜るほど。

お土産として、持って帰るのにかさばらないし、価格も200円〜400円で、

お手頃かもしれません。それにカプセルを開けるのって、ドキドキする。

JAPANESE GACHA GACHA で、通じるようです。スシ、カラオケ、豆腐

みたいに世界に通じるようになるかもしれません。

 

ここで疑問に思ったのが、なぜハングル語の説明がないのか?考察。

1、韓国にも同じようなガチャガチャがあるので買わない。もしくは

  説明がなくても利用法は知っている。

2、韓国の人はこのあたりにあまり来ない=他所へ行ってる。

3、韓国からの観光客自体が減っている。

 

この近くにコインロッカーもあるのですが、ここも英語と中国語2種で、

ハングル語なしです。

このロッカーでは、「貴重品・危険物禁止」を中国語2種でやけに

強調しています。

 

 このロッカーは地下鉄の管轄らしく

 両替は駅改札でと書かれています。

 

 さて、考察の中に正解があるのか

 どうか、私にもわかりません。

 

 逆に考えれば、私たちが海外に

 行く時のお土産にガチャポンを

 持っていくと、日本を紹介するのに

 よいかもしれません。
 

 

 

桂雀喜 独演会 5月17日

  • 2018.05.17 Thursday
  • 11:05

今日の大阪はムシムシの27度。

 

昨夜は、天満天神繁盛亭桂雀喜さんの独演会に行ってきました。

 

 繁盛亭入口

 左側の黒い箱が

 郵便ポスト。

 「郵便箱」と書いて

 あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雀喜さんの演目は 「看板の一」「野崎詣り」「替わり目」

桂慶次郎さんと桂雀太さんも1席ずつ。

会場は満席で、盛況でした。

 

「笑う門には福来たる」と申しますが、本当に、思いっきり笑う

というのは、ストレス発散にもなり、よいことだと改めて思いました。

 

みなさん、最近笑う機会がありましたか。

額にしわを寄せてばかりで、行き詰っていませんか?

たまには落語もどうぞ!

 

 

 ツアーの観光客も来場するので

 撮影用の看板もあります。

 

 落語家とお茶子さん。

 
 

 

 

 雀喜さんには、弊社がこの落語の

 DVD 老前整理

 「片付かないから離婚!」

 制作時にお世話になりました。

 

 そのようなご縁で、時々雀喜さんの

 落語を楽しませていただいています。

 

 落語、老前整理は、なかなか面白い企画

 だと思ったのですが…。(苦笑)
 

 

手すりの太さ  5月16日

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 10:09

今日も気温27度、夏日の大阪、半袖の人もちらほら。

 

事務所で戸棚を片付けていたら、手すりの見本が出てきました。

これは以前、バリアフリーの講座(福祉住環境コーディネーター)の

講師をしていた時に、使っていた教材です。

 

 木地の色見本でも

 あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 左が直径32

 中央が35

 

 この2つはたった

 3ミリの違いですが

 握ってみるとかなり

 違うことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

手すりは使用場所により2つに分けられます。

●ハンドレール:からだの位置を移動させるときに、手を滑らせながら

使用。直径32〜36伉度(廊下、階段など)

●グラブバー:移動動作や立ち座り動作のときに、しっかりつかまって

使用。直径28〜32伉度(トイレ、洗面、浴室など)

 

直径は一般的な数値です。

しかし身長150僂僚性と170僂涼棒では手の大きさも握力も違います。

(付け加えると、使いやすい手すりの高さも違います)

 

こうして、実際に手すりを握ってみると、違いが分かります。

頭の中の数字だけで、32个35个箸いΔ里任楼磴いよくわかりません。

だからバリアフリーの話をするときには、いつもこのサンプルを用意して、

違いを感じてもらい、一人一人に使いやすい手すりを選ぶことを勧めて

いました。

 

もうこの見本を使うことはないだろうから、そろそろ処分してもいいかな

と思いつつ…。

 

黄色い花  5月15日

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 10:16

今日の大阪は夏日で、気温28度だそうです。

水分補給をして、熱中症に注意です。

 

本日はご近所の花園から。

黄色は目立つ、夏を連想する色です。

希望を象徴する色とも言われています。
 

 

 クリームのような黄色いバラ。

 段階的に色が変わる

 グラデーション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1輪でも目立つ、色相でいえば

 レモンの黄色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 赤みの混じったみかんの黄色。

 黄色にも違いがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小さな花がたくさん集まると

 存在感があります。

 

 ミモザ(アカシア属)

 

 

 

 

 

 

 

料理に「ミモザサラダ」があります。

このミモザの花をどうにかするわけではありません。

いわゆるグリーンサラダの上に、ゆで卵の黄身を砕いて

散らしたサラダです。

黄身がミモザの花のように見えるからでしょう。

試してみてください。 

 

カクテルにも「ミモザ」があります。ワイン(シャンパン)

ベースにオレンジジュースを加える。これも見た目の黄色から

ついた名前でしょうか。

 

黄色い花はたくさんあるのに、ミモザという名がつくのは、この花が

親しまれ、連想しやすいから、そしてネーミングとしてもよいから

なのでしょう。

 

昔のゴミ箱  5月14日

  • 2018.05.14 Monday
  • 11:27

今日の大阪は日差しが熱いくらいの晴天。

一昨日の土曜もさわやかな風が吹いていました。

狭間の昨日はなぜか大雨。

 

なぜお天気にこだわったかといえば、第1回大阪 能楽大連吟

(のうがくだいれんぎん)に参加したからです。
能楽大連吟は、簡単に言えば、日本の第九でしょうか。

年末にたくさんの人が参加して第九を歌うことと同様、

能の謡を並んでうたいます。

この催しの日が、大雨でした、ということに留めておきます。

 

ところで本題です。

昔のゴミ箱ですが、数年前、ある住宅街で見つけました。

 

 今もあるんだ!

 というのが実感。

 

 私が子供のころに

 使われていた住宅用の

 石のゴミ箱。
 

 

 

 見たことない人も多い

 でしょう。

 このように、

 家の前に置いてあり

 ました。

 重いし動かせない。

 これを、今、処分すると

 したら、どうするのか

 と考えもしますが…。

 

 

 

 

 

 

 これは工場のゴミ箱。

 

 ゴミ箱は博物館に残る

 ものではないので、

 たぶん、古いものが

 なくなれば記憶からも

 消えていくのでしょう。

 
 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM